• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • スポーツ
  • 桑田真澄がPL学園のユニフォームで始球式 甲子園マウンドが東京初上陸

桑田真澄がPL学園のユニフォームで始球式 甲子園マウンドが東京初上陸

■その他の写真ニュースはこちら

 ABC・テレビ朝日系の高校野球ダイジェスト『熱闘甲子園』の番組開始30年目を記念した展示イベント『熱闘甲子園30th展』のオープニングイベントが3日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた。会場にはこれまで“門外不出”だった甲子園球場の土と原寸大のマウンドが初登場。元パイレーツの桑田真澄氏がゲスト出演し、PL学園時代に着用した懐かしのユニフォーム姿でキャスターを務める長島三奈相手に始球式を務めた。神聖な場所を前に桑田氏は「このマウンドは本当に“ごまかし”がきかないんだよね」と高校時代を懐古した。

 同番組は、高校球児の目標・甲子園で活躍する選手の姿を追うと共に、チームの裏側や地元で選手を支え続けてきた人々の想いにスポットを当てて制作。1979年より単発番組でスタートし81年よりレギュラー化、そこから数えて今年で節目の30回目の夏を迎えた。今月15日まで行われる同展では、実際に甲子園球場の整地を行う阪神園芸のスタッフが搬入、制作に5時間半を費やして完成させた東京初上陸のマウンドをはじめ、これまでの名シーンの写真や新聞記事、お宝グッズを多数展示している。

 トークショーで桑田氏は「この番組を観ると青春時代に戻れる。(当時)テレビに出ることも嬉しかったけど、次に対戦するチームの情報収集にも活用していました」と、頭脳派投手らしい一面をみせながらコメント。駆けつけた野球少年に対しては勉強、野球、遊び、恋愛の“バランスの大切さ”を説いた。

 司会を務めた栗山英樹氏からは、高校時代の恋愛事情を突っ込まれ「3年間、ずっと1人の彼女と付き合っていた。彼女のためにもエースとして頑張っていましたね」と赤面しながら大汗を拭う一幕も。甲子園通算20勝右腕の意外な“原動力”をこっそりと明かしていた。

 『熱闘甲子園』は高校野球開幕初日の7日(土)午後11時よりスタート。月〜金は午後11時10分より、土・日は午後11時より大会期間中連日放送。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『熱闘甲子園30th展』のオープニングイベントにPL学園時代に着用したユニフォーム姿で登場した桑田真澄氏 
  • 『熱闘甲子園30th展』のオープニングイベントで行われた始球式の模様 
  • 『熱闘甲子園30th展』のオープニングイベントではこれまで“門外不出”だった甲子園球場の土と原寸大のマウンドも登場(左から栗山英樹氏、長島三奈、桑田氏) 
  • 『熱闘甲子園30th展』のオープニングイベントに出席した(左から)栗山英樹氏、長島三奈、桑田真澄氏 
  • 『熱闘甲子園30th展』のオープニングイベントに出席した(左から)栗山英樹氏、長島三奈、桑田真澄氏 
  • 『熱闘甲子園30th展』のオープニングイベントにPL学園時代に着用したユニフォーム姿で登場した桑田真澄氏 
  • 高校時代の写真にサインしながらトークをする桑田真澄氏 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

 を検索