アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『アリス・イン・ワンダーランド』がディズニー史上最速で興収100億円突破

『アリス・イン・ワンダーランド』がディズニー史上最速で興収100億円突破

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 ジョニー・デップ主演の米3D映画『アリス・イン・ワンダーランド』が、23日までに動員653万9954人、興行収入101億458万を記録したことがわかった。公開からわずか37日間での興収100億円突破という快挙は、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンがこれまで配給してきたなかで史上最速での記録となる。

 同作の人気はとどまるところを知らず、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウなど海賊たちの戦いを描き大人気となった映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(109億円)や、同社最高収入を記録したブルース・ウィリス主演のSF映画『アルマゲドン』(135億円)にも迫る勢いだ。

 『アリス〜』は、ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』の13年後を描き、個性的なキャラクターたちが織りなすファンタジー物語。3D映像はもちろん、その世界観が人気となっており全世界興収においても大ヒットを記録。現時点で9億9,600万ドルを超え歴代成績6位となっている。



オリコントピックス