• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 市原隼人、男女の友情は「アリ」 主演映画初日ファンサービスで会場大興奮

市原隼人、男女の友情は「アリ」 主演映画初日ファンサービスで会場大興奮

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の市原隼人が22日、都内で行われた主演映画『ボックス!』の公開初日舞台あいさつに登壇し「この作品が皆さんの経験の一部として力になれれば嬉しい」と熱く語った。ボクシングを通じて描かれる熱い友情にちなみ、男女間での友情を問われると「アリだと思います。(自分は)少ないけど、人として見て、上がっていけたりお互い支えられていけるんじゃないかな」と熱く呼びかけ、ファンとも気さくに握手に応じると客席はさながらパニック状態となった。

 同作はアマチュアボクシング経験のある作家・百田尚樹氏のスポーツ青春小説を映画化。大阪の高校に通う、やんちゃな天才ボクサー・カブ(市原)と、彼に憧れてボクシングを始める幼なじみの気弱な優等生・ユウキ(高良健吾)がやがて運命のライバルとなり、2人の熱い友情や挫折、そしてその先に見出す栄光を描く。

 同作をひとことで例えると、市原は「挑戦。全部大阪弁でというのは初めてだったし、ボクシングでも(実際にパンチが)奥まで入っていたので」とハードな撮影を振り返った。続いて高良が「初体験。殴り合うのは初めてでした」と答えると、すかさず李闘士男監督が「『奥まで入った』とか『初体験』とかお前らやらしいわ! 今日はうちの子供も来てるんだから!!」とつっこみ、2人は顔を見合わせて苦笑い。

 劇中でメイド喫茶を訪れるシーンがあり、客席のファンから「実際に行ってみたいか」と問われると市原は「1回も行ったことないので行ってみたい」と本音トーク。一方の高良は「僕1回行ったことあります」とファンを驚かせた。壇場にはボクシングの練習の際に使用するパンチングボール型のくす玉が登場。市原が強烈なジャブで打ち抜くと客席からは「キャーッ!」と黄色い歓声が響き、退場時にはサービス精神旺盛な市原が最後まで客席に残って握手をしてまわり、ファンがどっと押し寄せていた。

 舞台あいさつにはほかに谷村美月香椎由宇筧利夫が登壇した。

◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


 RIZE

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 客席に降りるやファンに囲まれるイッチー (C)ORICON DD inc. 
  • 市原隼人 (C)ORICON DD inc. 
  • 高良健吾 (C)ORICON DD inc. 
  • 谷村美月 (C)ORICON DD inc. 
  • 香椎由宇 (C)ORICON DD inc. 
  • 筧 利夫 (C)ORICON DD inc. 
  • (左から)李闘士男監督、谷村美月、市原隼人、高良健吾、香椎由宇、筧利夫 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス