アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 交渉人・米倉涼子、映画化に続き10月より連ドラも復活

交渉人・米倉涼子、映画化に続き10月より連ドラも復活

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優・米倉涼子主演映画『交渉人 THE MOVIE』とテレビシリーズの続編『交渉人2』(テレビ朝日系/10月22日スタート)の現場会見が25日、東京・調布の角川大映スタジオで行われた。モデルから女優に転向して10周年の米倉は「いい節目に、このような大きなプロジェクトに参加させていただけるということはすべてみなさんのおかげ。新シリーズでも、パワーアップした玲子をお見せしたい。いい作品に出来上がるよう頑張ります!」と決意を新たにした。

 身体を張って犯人と粘り強い交渉を行ない、命がけで事件を解決に導く特殊チーム・SIT(Special Investigation Team)で孤軍奮闘する女性交渉人・宇佐木玲子の活躍を描いた『交渉人』。昨年1月10日から全8話で放送され、宇佐木に扮する米倉の体当たりの演技と、立てこもり犯や爆弾魔などの難事件を極限状況の中で解決していく息をもつかせぬストーリー展開が受け、高視聴率を叩き出した。

 会見には前作から引き続き出演する陣内孝則筧利夫笹野高史高知東生に加え、新キャストの塚地武雅(ドランクドラゴン)、八神蓮が顔を揃えた。陣内が「米倉さんについて行きます」といえば、筧も「米倉涼子という、でっかいみこしをかつぎます」と米倉を中心としたチームワークの良さを見せつける一方で、まだ1日しか撮影に入っていない八神も「SITの新人として入って緊張しているが、ウキウキしている面もあり、頑張りたいと思う」と笑顔。塚地は「爆破のシーンに立ち会った。CGではなく、マジでやっていて、何度もオー!と思った」と興奮気味に話していた。

 ハイジャック犯との戦いを描く映画『交渉人 THE MOVIE』は2010年2月全国公開。


 ドランクドラゴン



関連写真

  • 本物そっくりの旅客機セットで体を張った撮影に挑んでいる米倉涼子 
  • 左から八神蓮、塚地武雄(ドランクドラゴン)、筧利夫、米倉涼子、陣内孝則、笹野高史、高知東生 

オリコントピックス