アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 「本当は24歳!」 栗山千明、熱演が故の複雑な乙女心

「本当は24歳!」 栗山千明、熱演が故の複雑な乙女心

2007年に放送されたNHKドラマの続編で、企業買収ビジネスを題材にした映画『ハゲタカ』が6日に封切られ、都内でキャスト陣と大友啓史監督を招いた初日舞台あいさつが行われた。経済ジャーナリスト・由香役で出演した女優の栗山千明は「テレビシリーズから4年後ということで、34歳という設定になってしまって、本当は24歳なんですけど…」と、その熱演ぶりから“誤解”されては困ると言わんばかりのすねた表情を見せ、観客の笑いを誘った。

俳優の大森南朋が演じる企業買収の天才・鷲津政彦と激しい買収戦争を繰り広げ...

この記事の画像

  • 栗山千明 
  • 鷲津のポートレートとともに名言が書かれた“鷲津万札”が舞い散った 
  • 左から柴田恭兵、大森南朋、玉山鉄二 

オリコントピックス