ドラマ&映画 カテゴリ

人気アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』、“事前告知ナシ”で3年ぶりの新作放送

 4月から“改めて放送”と銘打ち、サンテレビ、テレビ埼玉など独立U局で再放送されていた大ヒットアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』が21日深夜、3年ぶりとなる新作ストーリー「笹の葉ラプソディ」が放送された。事前に雑誌はもちろん、新聞のラテ欄にすら情報はなく、放送内容が完全非公開だったため、突然の“新作放送”にファンの間ではネット上でちょっとした騒ぎになっている。

 2006年に初めてアニメ化され人気を博した同作。本来11話に相当するエピソードをあえて第1話としたり、その後もエピソードの時系列を入れ換えて放送。逆にDVD化の際にはストーリーが繋がる正しい順番で発売するなど、常にファンに“サプライズ”を与えてきた。今回も“改めて放送”とアナウンスしながらも、一部ファンの間では、新作が含まれるのではと憶測を呼んでいた。そんな矢先、21日深夜の放送についに新作が登場した。今後も、情報は完全非公開として、予告なく原作の未アニメ化ストーリーが放送される可能性もありそうだ。

 『涼宮ハルヒの憂鬱』は、宇宙人、未来人、超能力者の到来を望む女子高生・ハルヒの元に、本当に宇宙人の長門有希、未来人の朝比奈みくるたちが現れることから始まるSF学園ストーリー。作家・谷川流のライトノベルが原作で、2006年にアニメ化され、06年4月から7月まで計14話が独立UHF局等などの深夜枠で放送。その後、DVD化され爆発的な人気を得た。平野綾ら人気声優が歌うエンディングテーマ「ハレ晴レユカイ」もヒットし、動画投稿サイトには、同曲で踊る動画が数多く投稿されるなど、人気は社会現象に。原作には、アニメ化されていないエピソードが数多くあり、続編が望まれていた。

タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる