• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 石垣佑磨、亡き父への思い重なる復帰作に感慨深げ

石垣佑磨、亡き父への思い重なる復帰作に感慨深げ

■その他の写真はこちら

 俳優の石垣佑磨が8日(水)、都内で行われた朗読劇『もしもキミが。』の記者会見に出席。昨年11月に起こした暴行事件によってこれまで芸能活動を自粛し、同舞台で本格的な復帰を果たす石垣は「クライマックスでは、(昨年12月に亡くなった)父に感謝した気持ちが重なる。この作品が復帰作で良かった」と謹慎中に急死した実父に恩返しできる機会を得た喜びを、感慨深げに語った。

 同舞台は石垣のほか、向井理中尾明慶芦名星木南晴夏佐津川愛美が男女2人1組で読み聞かせ、日々パートナーを変える全9パターンで展開。木南は「みんな個性がバラバラなので、全てのパターンを見てもらいたい。違う雰囲気を感じて」と茶目っ気たっぷりにアピール。朗読劇初挑戦の中尾は「声だけの演技はまだまだ。全身でぶつかって行けたら」と意気込んだ。

 実父の死を乗り越えてこれに臨む石垣は「原作を読んだ時、仕事になるのかと、自分の気持ちが出てしまったらと思ったけど、役を磨いていきたい」と作品に対する並々ならぬ決意をうかがわせた。

 ケータイ小説を原作とした朗読劇『もしもキミが。』は4月17日(金)から25日(土)まで東京・半蔵門のTOKYO FMホールにて公演。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 石垣佑磨 【朗読劇『もしもキミが。』記者会見にて】 
  • 後列左から中尾明慶、向井理、石垣佑磨、前列左から佐津川愛美、芦名星、木南晴夏【朗読劇『もしもキミが。』記者会見にて】 
  • 向井理 【朗読劇『もしもキミが。』記者会見にて】 
  • 中尾明慶 【朗読劇『もしもキミが。』記者会見にて】 
  • 芦名星 【朗読劇『もしもキミが。』記者会見にて】 
  • 木南晴夏 【朗読劇『もしもキミが。』記者会見にて】 
  • 佐津川愛美 【朗読劇『もしもキミが。』記者会見にて】 

オリコントピックス