アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 島崎和歌子、昼ドラ“休止”に笑顔でコメント「ラストとは思わない」

島崎和歌子、昼ドラ“休止”に笑顔でコメント「ラストとは思わない」

■その他の写真はこちら

 タレント・島崎和歌子が8日(月)、都内で行われたCBC・TBS系昼ドラ『オーバー30』(来年1月5日 後1:30スタート)の記者会見で、来春改編での同枠の放送休止に言及し「40年続いた枠だし、名残惜しい。でも、私たちはラストだとは思っていませんし、スキルアップするための充電期間だと思います」と笑顔で心境を語った。

 会見ではいつもの「エヘヘヘ!イヒヒヒ〜!」と大きな笑いを何度も飛ばして場を盛り上げた島崎は「久々の女優業で緊張していま。ラブシーンのある(夫役の)高知東生さんはとても寂しがり屋だけど、キスする度に自慢の奥さん(高島礼子)の顔が浮かんで一石二鳥ですね」と“ワッコ節”を炸裂させ、高知には「何のフォローにもなってない!」と突っ込まれていた。

 35歳で独身貴族を貫いている島崎は、劇中では2児の母親役に挑戦。「同級生で主婦の友達を参考にしている。(収録先の)名古屋での新たな出会い? 台本覚えでそれどころじゃない!でも今年、芸能生活20周年を迎えましたし(同年代の)SMAPの中居くん、本気で私のこと考えてもらえないかなぁ〜」と最後まで“女優”らしからぬ(!?)独特な雰囲気で爆笑を誘っていた。

 また、会見の前後にはCBCのメディア戦略局長が登壇し「来春のTBS系午後帯の大きな見直しにより、MBSと共同制作していた昼ドラ枠を来年3月いっぱいで休止することになりました」と説明。今後については「何ひとつ決まっておりません」としたが、会見後には報道陣の質問に対し「我々としてはこだわりのある枠。決して、打ち切りではないですし、かといって傍観していることもない。ただ、またニーズがあれば昼ドラをやりたい」とコメント。CBC制作の昼ドラは今作で一旦終了し、3月からはMBSが通常2か月(40回前後)の昼ドラマを1か月の変則バージョンとした編成を組むという。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • CBC・TBS系ドラマ「オーバー30」の記者会見に出席した島崎和歌子 
  • CBC・TBS系ドラマ「オーバー30」の記者会見に出席した(左から)遊井亮子、島崎和歌子、高知東生 
  • CBC・TBS系ドラマ「オーバー30」の記者会見に出席した遊井亮子 
  • CBC・TBS系ドラマ「オーバー30」の記者会見に出席した高知東生 
  • CBC・TBS系ドラマ「オーバー30」の記者会見に出席した(左から)遊井亮子、島崎和歌子、高知東生 

オリコントピックス