アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • “アメトーーク”効果で『餃子の王将』が大盛況

“アメトーーク”効果で『餃子の王将』が大盛況

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊が司会を務める人気トークバラエティ『アメトーーク』(テレビ朝日系)で7月24日(木)放送のテーマとなった中華料理チェーン店『餃子の王将』がブログやSNSサイトで話題を集め、インターネット検索数も急上昇。各店舗で大盛況だという。

 「ガンダム芸人」「エヴァンゲリオン芸人」「家電芸人」「方向性迷ってる芸人」など、芸人たちの趣味、嗜好、共通点をディープに語り、そのマニアックさから“業界視聴率?1”ともいわれている『アメトーーク』。7月24日(木)の放送では、「餃子の王将芸人」としてケンドーコバヤシ世界のナベアツチュートリアルバナナマンブラックマヨネーズらが出演。「人生には二つの道しかない。王将行くか、死ぬか」(チュートリアル・徳井義実)など『餃子の王将』への愛を告白し、料理中の音だけを聞いてそのメニューを当てるイントロクイズや、お笑いコンビ・ガリットチュウの福島善成が本場・関西の『餃子の王将』に向かい、30分洗い物をすればメニューが無料になる店舗(学生限定・一部のみ)などを訪問。さらに、福島は『餃子の王将』を愛するあまり収録の前日から東京・経堂店でバイトを始めたというエピソードも明かした。日頃からリーズナブルな価格で人気の『餃子の王将』だが、熱く語る芸人たちの情熱が視聴者にも波及。「放送後、食べたくなった」と胃袋が刺激された視聴者がお店に殺到した。

 ブログの書き込みを解析する『kizasi.jp』での放送翌日、25日(金)の「きざしランキング」では『餃子の王将』が1位を獲得。同じく25日の『gooウェブ検索 急上昇ランキング (総合)』でも18位にランクインするなど話題沸騰。『餃子の王将』広報も「番組で取り上げて頂き、社内でも話題になっておりました。(放送後は)各店舗でお客様より大変な反響を頂いており、弊社としても非常にありがたいですね」と嬉しさを滲ませている

 03年4月から深夜0時台の30分枠からスタートした『アメトーーク』は、06年10月に深夜23時台に昇格。スタートから5年を経て、6月19日(木)放送の「家電芸人」の回では、深夜帯では異例とも言いえる視聴率15.2%を記録するなど絶好調。今後も、上島竜兵、ウド鈴木ら出演の「熟年好き芸人」(7日放送)などマニアックな企画が予定されており、“マニアックトークの解放区”として、更に注目を集めそうだ。



今月の写真ニュース一覧をみる


 

オリコントピックス