ドラマ&映画 カテゴリ

実写映画『バイオハザード』主演カヤ・スコデラリオ、クレアは「超クール」

 全世界のシリーズ累計売上本数が1億1700万本を超えるカプコンの大人気ゲーム「バイオハザード」から生まれた実写映画シリーズがリブート。「バイオハザード」の原点に戻る新たな映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』(1月28日公開)より、本編映像をまじえた、主人公クレア・レッドフィールド役のカヤ・スコデラリオと、ヨハネス・ロバーツ 監督のインタビュー映像が到着した。

カヤ・スコデラリオが演じる主人公クレア・レッドフィールド=映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』 (1月28日公開)

カヤ・スコデラリオが演じる主人公クレア・レッドフィールド=映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』 (1月28日公開)

写真ページを見る

 巨大複合企業<アンブレラ社>の拠点があるラクーンシティ。1998年9月30日、この街で何が起こったのか? 街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールド(カヤ・スコデラリオ)は、<アンブレラ社>がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってくる。

 ラクーン市警(R.P.D)の兄クリス・レッドフィールド(ロビー・アメル)はクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがて二人は街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。次々と襲い掛かってくる住民たち。そんな中、二人は<アンブレラ社>が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが…。

 本編映像では、兄クリスの家に着き、険しい表情で「街が汚染されている」と伝えるクレアの緊迫のシーンからはじまる。クレアと長く会っていなかったクリスは「なぜ戻ってきた?」と冷たく言い放つが、クレアは知りえる情報を伝えるため「アンブレラ社が起こした事故で住人は変わり果てた姿に」という不可解なメッセージを見せる。

 ヨハネス・ロバーツ監督は、クレア・レッドフィールドについて「アンブレラに不審を抱き、一度は街を出たが再び舞い戻る。重要な情報を兄に伝えるためだ」と説明。カヤ・スコデラリオは、ゲーム内のクレアと同様の赤ジャケットを着てインタビューに応じ、「クレアは銃を振り回すだけじゃない。円熟したキャラクターよ。反骨精神の塊なの。超クールよ」と、自身の役について語っている。

 「アンブレラ社の好きにさせない」と強い意志を固めるクレア。彼女はラクーンシティを助けることができるのか…?

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

>このニュースの流れをチェック

  1. 1. 「バイオハザード」の原点を描く新たな映画、初の予告映像
  2. 2. 「バイオハザード」の原点を描く新作実写映画、日本公開日は2022年1月28日
  3. 3. 実写映画『バイオハザード』ゲームとの関連性を示唆する場面写真解禁
  4. 4. 実写映画『バイオハザード』カプコンから提供された設計図を基に再現
  5. 5. 実写映画『バイオハザード』主人公クレアの吹替はファイルーズあい
  6. 6. 実写映画『バイオハザード』“振り向きゾンビ”など人気クリーチャーが続々
  7. 7. 実写映画『バイオハザード』監督が猛アピール「これはゲームへの愛を込めたホラー映画」
  8. 8. 実写映画『バイオハザード』「かゆい うま」シーンの本編映像
  9. 9. 実写映画『バイオハザード』主演カヤ・スコデラリオ、クレアは「超クール」
  10. 10. 実写映画『バイオハザード』幼いクレアがリサ・トレヴァーと初めて出会った場面

▼ その他の流れをもっと見る

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索