ドラマ&映画 カテゴリ

「資本論」で知られる19世紀を代表する哲学者、経済学者カール・マルクスの末娘エリノア・マルクスの激動の半生を描いた映画『ミス・マルクス』(原題:MISS MARX)がシアター・イメージフォーラム、新宿シネマカリテほか全国で公開中だ。 カール・マルクスには6人の子ども(二男四女)がいて、父の業績を支え、後世に伝えるべく尽力したマルクス家伝説の三姉妹の末娘がエリノアだ。幼い頃から勝ち気で聡明、シェイクスピアをはじめとする文学にも親しみ、フローベールの「ボヴァリー夫人」やイプセンの戯曲「海の夫人」や「民衆の敵」などを最初に英訳し、「人形の家」のノラ役をはじめ、その戯曲を俳優として演じるなど、多才な才能の持ち主でもあった。父カールの「資本論」の英語版の刊行も手掛けている。

この記事の画像

  • 「資本論」で知られる19世紀を代表する哲学者、経済学者カール・マルクスの末娘エリノア・マルクス。彼女の生涯を『ミス・マルクス』(公開中)として映画化
  • 映画『ミス・マルクス』(公開中)(C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 映画『ミス・マルクス』(公開中)(C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 映画『ミス・マルクス』(公開中)(C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 映画『ミス・マルクス』(公開中)(C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 映画『ミス・マルクス』(公開中)(C)2020 Vivo film/Tarantula
  • 映画『ミス・マルクス』(公開中)(C)2020 Vivo film/Tarantula

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索