ドラマ&映画 カテゴリ

幼少期には自覚している“性別の違和感” 認知と受容を喚起するドキュメンタリー

 男の子の身体に生まれたけど、「わたしは女の子」。女の子になることを夢見ている、サシャ。さまざまな社会の壁に阻まれながらも、まだ幼く自分の身を守る術を持たない彼女の幸せを守るために奔走する母カリーヌと家族、サシャの“ゆずれない戦い”を取材した、フランスのドキュメンタリー『Little Girl』が、『リトル・ガール』の邦題で11月19日(金)に新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷(いずれも東京)ほかで劇場公開される。

【写真】その他の写真を見る


 サシャは2歳を過ぎた頃から自身の“性別の違和感”を訴えてきたが、学校では女の子としての登録が認められず、“男子”からも“女子”からも疎外、バレエ教室では男の子の衣装を着せられてしまうなど、社会は彼女をほかの子どもと同じように扱えずにいた。7歳になってもありのままに生きることができない、不自由なサシャ。家族は、そんな彼女の個性を支え、周囲に受け入れさせるため、学校や周囲へ働きかけるのだが…。

 一番<自分らしくいられる>洋服を着て庭で幸せそうにダンスするサシャや、お気に入りのピンクのヘアクリップをつけている姿、母親と過ごす優しい時間、そして、バレエ教室で女の子用の衣装を着用させてもらえず、少し切なげに女の子たちを見つめるシーンの場面写真4点が解禁。いずれも、まだ幼くても<本当の自分>であろうとする意志を感じる瞬間を切り取ったものとなっている。

 本作の監督を務めたのは、これまでもジェンダーやセクシュアリティに目を向けた作品を撮り続け、カンヌやベルリンをはじめ、世界中の映画祭で高く評価されているセバスチャン・リフシッツ。性と身体の不一致は肉体が成長する思春期に起こるのではなく、幼少期で自覚されることについて取材を始めていた過程で、サシャの母親カリーヌに出会い、この作品が生まれた。

 本作も2020年ベルリン国際映画祭で上映後、モントリオール国際ドキュメンタリー映画祭のピープルズ・チョイス賞やインサイド・アウトLGBT映画祭の観客賞(ドキュメンタリー長編)など、世界中でさまざまな映画賞を受賞。また、コロナウィルス感染の影響により劇場が封鎖されたフランスでは、同年12月にテレビ局「ARTE」にて放送され、視聴者数137万5000人、その年のドキュメンタリーとしては最高視聴率(5.7%)を獲得した。オンラインでも28万回以上の再生数を記録するなど大きな反響を呼んだ。

 ドキュメンターとして確かな地位を築いたリフシッツ監督の洞察に満ちた繊細なカメラは、家族の喜びの瞬間、直面する多くの課題を捉え、幼少期のトランス・アイデンティティに対する認知と受容を喚起する貴重なドキュメンタリーとなっている。

関連写真

  • 「わたしは女の子」と訴えるサシャ=ドキュメンタリー映画『リトル・ガール』(11月19日公開)
  • 一番<自分らしくいられる>洋服を着て庭で幸せそうにダンスするサシャ
  • バレエ教室で女の子用の衣装を着用させてもらえず、少し切なげに女の子たちを見つめるサシャ
  • 母カリーヌとサシャ=ドキュメンタリー映画『リトル・ガール』(11月19日公開)

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索