ドラマ&映画 カテゴリ

伝説のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』Paraviで初配信 若き日のスターが多数出演

 主演・長瀬智也&脚本・宮藤官九郎による2021年1月期TBSドラマ『俺の家の話』(毎週金曜 後10:00)の放送を記念し、両者が初めてタッグを組み、放送から20年以上が経った現在も熱狂的なファンが多い伝説のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(2000年4月期)が、19日正午から動画配信サービス「Paravi」で配信されることが決定した。同作が配信されるのは今回が初。

 本作は、現在は人気脚本家となった宮藤の連ドラデビュー作。池袋を舞台に、果物屋店番兼トラブルシュータ―である主人公の真島誠(長瀬)が、ストリートギャング・G ボーイズの安藤崇(窪塚洋介)らとともに、次々起こる難事件を解決する青春ミステリー。長瀬、窪塚のほかにも、当時は若手俳優だった加藤あい山下智久妻夫木聡坂口憲二小雪佐藤隆太高橋一生阿部サダヲらが強烈なキャラクターを演じ、その後に人気が急上昇するなどの大ヒットドラマとなった。

 連続ドラマから3年後に放送され、主要キャストのほかRIZEやクレイジーケンバンドなど豪華ゲストも多数出演したスペシャルドラマ『池袋ウエストゲートパーク SOUPの回』も配信する。

 また、長瀬&宮藤タッグで、第29回向田邦子賞を受賞した連続ドラマ『うぬぼれ刑事』(2010)の配信も同日から開始。本作で長瀬が演じたのは、超恋愛体質で捜査に支障をきたすほど惚れっぽく、その惚れてしまう女性はことごとく怪しい容疑者という、理不尽を抱えてしまう刑事。共演者は、生田斗真中島美嘉荒川良々要潤矢作兼おぎやはぎ)、坂東三津五郎西田敏行といった超豪華俳優陣。また、長瀬演じるうぬぼれが惚れてしまう女性ゲストが毎回豪華なことでも話題を呼んだ。

 上記作品すべてのプロデューサーを務めた磯山晶氏は「コロナ自粛の日々、海外のいろいろな配信ドラマを見ましたが、その度に『池袋』や『うぬぼれ』も人気配信ドラマに負けないクオリティなので、いつかラインナップに並ばないものだろうか?と思っていました。今回、改めて皆さんに見ていただける機会を得て、大変うれしく思います」と配信決定の喜びを表現。

 「私たちの熱いタッグはここから始まりました。宮藤官九郎初めての連続ドラマであり、今はもう集められないようなスターたちが野放図に集合していた『池袋』、その1 年後、宮藤官九郎さん自身が演出した作品で、女優さんたちのキャスティングと慣れないトリックに奮闘した『うぬぼれ』、どちらも自信作です。ぜひ、お楽しみください」とアピールした。

 新ドラマ『俺の家の話』は、濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラー・寿一が、能楽の人間国宝である父の介護のために現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで、介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げるストーリー。

 寿一を取り巻く個性的なキャラクターとして、戸田恵梨香桐谷健太永山絢斗江口のりこ井之脇海平岩紙、西田敏行らが出演する。

関連写真

  • Paraviで初配信される『池袋ウエストゲートパーク』(C)TBS(C)石田衣良/文藝春秋
  • Paraviで初配信される『うぬぼれ刑事』(C)TBS

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索