ドラマ&映画 カテゴリ

【エール】第19週「鐘よ響け」振り返り 「とんがり帽子」「長崎の鐘」は新たなる希望

NHKの連続テレビ小説『エール』(月〜土 前8:00 総合ほか※土曜は1週間の振り返り)の第19週「鐘よ響け」(第91回〜第95回:10月19〜10月23日)では、自分の曲が多くの若者を戦争に駆り立て、命を奪ったことに責任を感じ、立ち直れずにいる主人公・古山裕一(窪田正孝)が、のちに自身の代表曲となる「長崎の鐘」が世に出るまでの苦悩と葛藤が描かれた。

終戦から3ヶ月。裕一は、いまだ曲を作ることができずにいた。ある日、劇...

この記事の画像

  • 連続テレビ小説『エール』第19週・第95回より。永田医師(吉岡秀隆)に「応援する歌を作り続ける」と誓う古山裕一(窪田正孝)(C)NHK
  • 第93回より。ラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌「とんがり帽子」を無事書き上げた裕一(窪田正孝)(C)NHK
  • 第95回より。「長崎の鐘」を歌う山藤太郎(柿澤勇人)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第19週・第91回より。戦争が終わって、自責の念から立ち直れない裕一(窪田正孝)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第19週・第91回より。豊橋の帰った音(二階堂ふみ)は、入院している岩城(吉原光夫)を見舞うが…(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第19週・第91回より。華(根本真陽)はラジオドラマの依頼を裕一に受けるよう促すが…(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第19週・第92回より。吟(松井玲奈)の夫・智彦(奥野瑛太)は復員して就職先を探す日々だったが、元軍人という経歴が邪魔をしてなかなかうまくいかない(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索