ドラマ&映画 カテゴリ

【エール】第8週「紺碧の空」振り返り

NHKで放送中の連続テレビ小説『エール』(月〜土 前8:00 総合ほか※土曜は1週間の振り返り)。昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)と妻・音(二階堂ふみ)の物語。スランプに苦しんでいた裕一が、早稲田大学の新しい応援歌「紺碧(こんぺき)の空」を作曲する様子が描かれた第8週(第36回〜第40回:5月18日〜5月22日)を振り返る。

■早稲...

この記事の画像

  • 連続テレビ小説『エール』第8週「紺碧の空」より。早稲田大学応援部の団長(三浦貴大)に「紺壁の空」になっているとご誤字を指摘されて苦笑いする裕一(窪田正孝)(C)NHK
  • めちゃくちゃ迫力があった小山田(志村けん)の「で?」(C)NHK
  • 裕一(窪田正孝)にエールを送る早稲田大学の応援団員たち(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第8週・第36回より。古山家に、早稲田大学応援部の団長(三浦貴大)たちが押しかけてくる(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第8週・第36回より。公募ですでに決定している「紺碧の空」の詩に、曲をつけてほしいとお願いされた裕一(窪田正孝)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第8週・第36回より。野球で慶応大学に勝つための新しい応援歌をつくることにした早稲田大学の応援団の団長・田中隆(三浦貴大)(C)NHK
  • 連続テレビ小説『エール』第8週・第36回より。「応援歌をつくることで何かが変わる」と思い、裕一を紹介したと音(二階堂ふみ)に話す久志(山崎育三郎)(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索