ドラマ&映画 カテゴリ

伊藤淳史×中村梅雀、“信濃のコロンボ”新シリーズ誕生

 テレビ東京系でこの春、ドラマや『世界!ニッポン行きたい人応援団』を放送する枠として新設された「月曜プレミア8」(毎週月曜 後8:00〜9:54)。27日は、『内田康夫サスペンス「新・信濃のコロンボ 追分殺人事件」』を放送する。

【写真】その他の写真を見る


 同局では、旅情ミステリー作家の巨塔として知られる故・内田康夫さん原作の「信濃のコロンボ」シリーズを、中村梅雀主演、里見浩太朗、松村雄基、原日出子らの出演でドラマ化、全18作放送してきたが、このたび、キャストを一新。

 「困ったな」が口癖の長野県警捜査一課の警部・竹村岩男を演じるのは、温厚なイメージでありながらさまざまな役を確かな演技力で魅せる伊藤淳史。竹村とは旧知の仲、警視庁捜査一課のキレ者警部・岡部和雄を演じるのは三浦貴大。さらに、竹村のマイペースで明るい妻・陽子に美村里江。そして、竹村の上司で長野県警の刑事部長・大森修治に旧シリーズで竹村を演じた中村梅雀がふんする。

 舞台は冬の軽井沢。信濃追分で身元不明の遺体が見つかる。さらに事件から4日目。今度は東京・本郷追分で絞殺体が。2つの追分で起きた殺人事件、39年前の悲しき真相が明らかになったとき、事件が動く。

 梅雀からバトンを受け継ぐ伊藤は「中村さんには自由にお芝居をさせてもらえる空気を作って下さいました。『前シリーズを気にせず、楽しく、自由に演じて下さい』と仰っていただき、現場でも楽しい時間を過ごしました。プレッシャーもありますが、前作までのコロンボファンの皆様にも、新たなコロンボを楽しんでいただけたら、幸いです」とコメント。

 一方、梅雀は「オファーを聞いたとき、正直言って複雑な思いでした。竹村岩男はまだ私にとっては生々しい記憶だからです。私の頭の中では大森修治は里見浩太朗さんですし悩みました」と明かす。しかし、旧シリーズの18作目が放送されたのは2009年。「11年も離れていて、もう世の中のトレンドは変わっています。西田敏行さんも『釣りバカ日誌』のスーさんを違和感なく演じておられます。『もはや頭を切り替えなければ」と、思い切ってお受けすることにしました。台本を初めて読んだ時、どうしても竹村のせりふに意識がいってしまう。そして大森刑事部長を読むと里見さんの声が聞こえます。これには参りました(笑)。『何事も切り替えが大切』を学びました」と話している。

 また、「旧作と同じ題材を扱っても、空気感がこれだけ違うということがはっきり出ていると思いますので、伊藤淳史さんのコロンボの魅力を楽しんで欲しいです」と、新シリーズに太鼓判を押していた。

■出演者
伊藤淳史、三浦貴大、美村里江、国生さゆり徳重聡長谷川朝晴利重剛、戸田昌宏、矢島舞美堀内正美林与一、中村梅雀

関連写真

  • テレビ東京系月曜プレミア8 内田康夫サスペンス「新・信濃のコロンボ 追分殺人事件」新・竹村岩男を伊藤淳史、旧・竹村役の中村梅雀は大森刑事部長に(C)テレビ東京
  • 警視庁の岡部警部に三浦貴大(C)テレビ東京
  • 竹村の妻・陽子に美村里江(C)テレビ東京
  • テレビ東京系月曜プレミア8 内田康夫サスペンス「新・信濃のコロンボ 追分殺人事件」竹村岩男(伊藤淳史)(C)テレビ東京
  • テレビ東京系月曜プレミア8 内田康夫サスペンス「新・信濃のコロンボ 追分殺人事件」新・竹村岩男を伊藤淳史、旧・竹村役の中村梅雀は大森刑事部長に(C)テレビ東京
  • テレビ東京系月曜プレミア8 内田康夫サスペンス「新・信濃のコロンボ 追分殺人事件」新・竹村岩男を伊藤淳史、旧・竹村役の中村梅雀は大森刑事部長に(C)テレビ東京

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索