ドラマ&映画 カテゴリ

鈴木亮平 “10歳差”竹内涼真の父役 榮倉奈々&上野樹里も出演

 俳優・鈴木亮平(36)が、来年1月スタートの竹内涼真(26)主演によるTBS系日曜劇場枠『テセウスの船』(毎週日曜 後9:00)に出演が決定した。突然、平成元年にタイムスリップして父が逮捕された殺人事件の謎を追うことになる主人公・田村心(竹内)の父・佐野文吾(さの・ぶんご)役として実年齢差10歳の鈴木が起用された。また、文吾の妻で、心の母・佐野和子(さの・かずこ)役には榮倉奈々(31)、また、心を支える最愛の妻役として上野樹里(33)が特別出演する。なお、鈴木は2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』以来のドラマ出演となる。

 同ドラマは週刊漫画誌『モーニング』(講談社)で連載されていた東元俊哉による原作漫画を実写化。生まれる前に父が殺人犯として逮捕された心は、母の和子と姉兄と共に加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる妻から、自分の父親を信じてみてと言われた心は父に向き合うことを決意。そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会い…。

 鈴木が演じる文吾は、村の駐在警察官で、底抜けに明るく豪快な2児の良き父親。家族からも村人からも愛される男だ。心はタイムスリップした過去で文吾の人柄に初めて触れ、「父は本当に殺人犯なのか?」という思いが芽生える。そんな過去の文吾と現在の死刑囚である文吾を演じる鈴木は「30年もの時の流れを表現することは大きな挑戦です。人は過酷な環境で年月を過ごすと、何を想い、どう変わるのか。自分自身も発見を楽しみながら、人間というものと向き合っていける作品になるのではと期待しています」とやる気をみせる。

 榮倉が演じる和子は、明るく朗らかな笑顔が印象的な肝っ玉母さん。大きな愛で家族を見守り、時に叱咤激励する逞しい母親だ。平成元年の34歳の和子と、現代の65歳の和子を一人で演じる榮倉は「複雑なミステリーと人情の入り組んだ原作に魅了されました。ドラマにはどんなスパイスが盛り込まれるか今から楽しみです」と期待する。

 そして、上野が演じる心の妻・田村由紀は、柔らかな笑顔で心を包み込む慈悲深い女性。心の父親が殺人犯だと知りながら、両親の反対を押し切って結婚し、待望の子どもがお腹の中にいる。忌まわしい過去と憎らしい父親から目を背けていた心に、父親を信じて事件に向き合ってみるよう背中を押す重要な役どころを担う上野は「暗い現実を変えようと葛藤する心を、時には少し変わった立ち位置から道標の光のように応援していたい」とコメントしている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索