ドラマ&映画 カテゴリ

松雪泰子「失敗しちゃった」が決めぜりふのニューヒロインを開拓中

 女優の松雪泰子が10日、東京・渋谷のNHKで主演するドラマ10『Miss!? ジコチョー―天才・天ノ教授の調査ファイル―』(18日スタート、毎週金曜 後10:00)の試写会に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、さまざまな事故を第三者の目で調べる「事故調査委員会(事故調)」を題材にしたミステリー。松雪が演じる主人公・天ノ真奈子は、「人は誰でも失敗する。大切なのはその失敗とのつきあい方だ」を標ぼうする“失敗学”を掲げて、事故調査に好んで参加する研究者。初対面の相手にも「あなた、最近どんな失敗しましたか?」と平気な顔で聞いてしまう一方、毎話必ず真奈子が「失敗しちゃった」という場面があるという。

 本作で毎話必ず登場する重要なせりふが、なんと「失敗しちゃった」。10月クールのドラマ界では「私、絶対失敗しないので」という女医の活躍が予定されている中、対照的なせりふがあることに、松雪も「それ、友人にツッコまれました」と笑顔を見せた。

 真奈子が「失敗しちゃった」というシーンは、「脚本家の八津弘幸さんとの話し合いの中で、真奈子は普段、ほとんど失敗しないんだけど、毎回、『失敗しちゃった』という気づきから難事件を解決していくヒロイン像にしたいと思った」(制作統括の小林大児氏)ところから生まれた。

 1話目から最終回の10話目まで、“お決まり”のパターンで演出することを決めた、演出担当の福井充広氏は「『失敗しちゃった』は、このドラマのキーワードでもあるし、代名詞みたいなせりふでもある。真奈子が考え巡らすシーンで、それまでに真奈子が見てきたもののカットバックを入れ、ある真実にたどりついた時に、美貌のクローズアップとともに『失敗しちゃった』を言ってもらうことにしました」と説明する。

 カメラ目線のクローズアップで決めぜりふを言う演出プランを聞いて松雪は「その時はどうしよう、と戸惑いながらも、勇気を振り絞ってやらせていただきました。考える時の状況が毎回変わるので少しずつ変化を出せるようにしたいと思っています」と、真摯(しんし)に取り組んでいる。

 そんな決めぜりふのある真奈子は「思考のスピードが早すぎて周りを振り回してしまう、いままで経験したことがないタイプの役」と松雪。事故現場ではヘルメットをかぶる機会が多く、「松雪さんのヘルメット姿がかわいかった。いままで見たことがない松雪さんが見られる」(須藤理彩)、「松雪さんのヘルメット萌え」(高橋メアリージュン)と共演者からも好評で、松雪も「ヘルメットは事故調っぽさが一番出る最強のアイテム。ものすごく気に入ってる。積極的にかぶっていきたい、と監督にもお話したところ」と新境地を開拓している。「かぶらなくてもいいような所でもかぶりたい。不思議な格好して真面目なことを言うとユーモアがあっていいのかな。画面に映っている全員がヘルメットかぶっているとか画的に面白いんじゃないですか?」と、アイデアが出るほど、本作への熱中ぶりをのぞかせていた。

 会見には、事故調査で真奈子とバディを組む助手の野津田燈(のつだ・ともる)を演じる堀井新太も出席した。

関連写真

  • 決めぜりふのニューヒロインを開拓中と明かした松雪泰子 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ10『Miss!? ジコチョー―天才・天ノ教授の調査ファイル―』の試写会に出席した松雪泰子 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ10『Miss!? ジコチョー―天才・天ノ教授の調査ファイル―』の試写会に出席した(左から)高橋メアリージュン、松雪泰子、堀井新太、須藤理彩 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ10『Miss!? ジコチョー―天才・天ノ教授の調査ファイル―』の試写会に出席した堀井新太 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ10『Miss!? ジコチョー―天才・天ノ教授の調査ファイル―』の試写会に出席した須藤理彩 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ10『Miss!? ジコチョー―天才・天ノ教授の調査ファイル―』の試写会に出席した高橋メアリージュン (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ10『Miss!? ジコチョー―天才・天ノ教授の調査ファイル―』の試写会に出席した(左から)高橋メアリージュン、松雪泰子、堀井新太、須藤理彩 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ10『Miss!? ジコチョー―天才・天ノ教授の調査ファイル―』の試写会に出席した(左から)高橋メアリージュン、松雪泰子、堀井新太、須藤理彩 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索