ドラマ&映画 カテゴリ

横浜流星は「かわいいポンコツ」 菜々緒が珍行動に“キュン”「クールなイメージがあったので」

 俳優の福士蒼汰桐谷健太横浜流星、女優の菜々緒が8日、都内で行われた11日スタートのTBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』(毎週金曜 後10:00)キャスト舞台あいさつに登場。お互いの印象を語る中、菜々緒は横浜のことを「流星君は意外となんか…、言い方悪いけどポンコツぽくて」と苦笑いしながら珍エピソードを展開した。

【写真】その他の写真を見る


 理由について菜々緒は「すごくかわいいポンコツ。リハーサルなどで一生懸命になりすぎて、自分のせりふをすごく言いたかったのか、ほかの人のせりふにどんどん被せてしまい…」と暴露。

 さらに「全然出番がないのにテクテクと(カメラの前に)歩いて画面に映って…。そこで諦めればいいのに、なぜか後退りして戻るという…」と珍行動も明かし「結構、天然みたいなところがある。私はクールなイメージがあったので、『こんなに可愛らしい子』なんだとキュンキュンしました」と現場のムードメーカーだと伝えた。

 横浜のキャラは現場全体に影響を及ぼしており「テスト中、撮影が止まったら最近みなさん、流星の方を見る」と桐谷も報告。ポンコツエピソードを連発された横浜は「そうですよね…」と一連の話を認めながら「餃子を作るシーンも、作ることに集中しすぎてせりふを忘れるという…。すみません。集中しすぎちゃっているところはわかっています。初めてしまうと集中しちゃうので、ダメだなっと思いつつも…」と反省していた。

 同ドラマは、小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエ氏による原作漫画を実写化したもの。福士演じる手を重ねた人の「死の運命」が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことと、菜々緒演じる命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。

 親の再婚を機に、沙羅と共にみことの義理の兄弟となった長男・廉を桐谷、末っ子・藍を横浜が演じ、主人公のみことだけ血はつながっていないが、父親が亡くなり母親も不在がちな花巻家で、助け合いながら4人は仲良く暮らす。

関連写真

  • TBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』キャスト舞台あいさつに登場した(左から)菜々緒、横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』キャスト舞台あいさつに登場した(左から)桐谷健太、福士蒼汰、菜々緒、横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』キャスト舞台あいさつに登場した横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
  • 新境地に挑んだ心境を語った菜々緒 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』キャスト舞台あいさつに登場した福士蒼汰 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』キャスト舞台あいさつに登場した桐谷健太 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』キャスト舞台あいさつの様子 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』キャスト舞台あいさつに登場した (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』キャスト舞台あいさつに登場した(左から)桐谷健太、福士蒼汰、菜々緒、横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『4分間のマリーゴールド』キャスト舞台あいさつに登場した(左から)桐谷健太、福士蒼汰、菜々緒、横浜流星 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索