• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 上野樹里主演『監察医 朝顔』初回視聴率13.7% “月9”5期連続で2ケタ発進

上野樹里主演『監察医 朝顔』初回視聴率13.7% “月9”5期連続で2ケタ発進

 女優の上野樹里が主演するフジテレビ系“月9ドラマ”『監察医 朝顔』第1話が8日放送され、初回平均視聴率が13.7%だったことがわかった。初回は30分拡大で放送された(※ビデオリサーチ調べ、関東地区)。月9ドラマの2ケタ発進は5期連続で、4月期に放送された窪田正孝主演『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』の初回12.7%を上回った。

 同ドラマは主人公の新米法医学者・万木朝顔(上野)とその父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)の父娘が、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな遺体の謎を解き明かしていくさまをサスペンスフルに、見つけ出された遺体の“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまをハートフルに描いていく。

 第一話では、朝顔の勤める興雲大学の法医学教室を管轄とする野毛山署強行犯係に平が異動してくる。朝顔の恋人で強行犯係の新米刑事・桑原真也(風間俊介)はともに捜査することとなった平が朝顔の父であることに驚く。そんななか、朝顔は野毛山署の管内の倉庫でみつかった遺体を解剖することに。そこで分かったのは、女性が溺死した可能性がある、ということだった。倉庫で溺死という不可解な話に困惑する一同。平は、桑原とともに現場に戻り、周囲の捜査を進めるが…。

オリコントピックス