• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 土屋太鳳主演『Wの悲劇』再ドラマ化 母親役は中山美穂

土屋太鳳主演『Wの悲劇』再ドラマ化 母親役は中山美穂

 女優の土屋太鳳中山美穂の共演で、夏樹静子氏の名作『Wの悲劇』が再びドラマ化され、NHK・BSプレミアムで11月23日(後9:00〜10:29)に放送されることが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 主演の土屋は「『Wの悲劇』という響きはあまりにも大きくて、まるで美しい呪文のようです。これまで幾度も映像化された、その歴史の新しい扉を、そうそうたる先輩方と御一緒させていただきながら摩子として開く幸運に、心から感謝しております。さまざまな課題を抱える現代の中で、この役を生きる意味を考え、気を引き締めて演じたいと思います」とコメントしている。

 原作小説は1982年に刊行され、女優の薬師丸ひろ子の代表作でもある1984年公開の映画をはじめ、たびたびテレビドラマ化されてきた。本作は、過去の名作を現代によみがえらせる“リバイバルドラマ”シリーズとして放送される。

 物語は、製薬会社会長の和辻与兵衛が誕生パーティーで、和辻摩子(土屋)が大伯父の与兵衛(大和田伸也)を刺し殺すという事件が起きたことからはじまる。摩子の母・淑枝(中山)は娘の正当防衛だと訴え、集まった一族に事件の隠ぺいを頼み込む。そこで与兵衛の弟・繁(鶴見辰吾)や与兵衛の主治医間崎(吉田栄作)らが中心となって、強盗殺人に見せかけた隠ぺい工作を始める。パーティーの招待客だった摩子の先輩・春生(美村里江)もその片棒を担ぐことになる。しかし、警察の捜査をかく乱しようと懸命になる面々の中に裏切り者が。次第に浮かび上がる疑問…。いったい事件の真相は何なのか? そして、驚がくの結末を迎える。

関連写真

  • BSプレミアム リバイバルドラマ『Wの悲劇』(11月23日放送)に主演する土屋太鳳、共演の中山美穂
  • BSプレミアム リバイバルドラマ『Wの悲劇』(11月23日放送)に主演する土屋太鳳
  • BSプレミアム リバイバルドラマ『Wの悲劇』(11月23日放送)に出演する中山美穂
  • BSプレミアム リバイバルドラマ『Wの悲劇』(11月23日放送)に出演する美村里江
  • BSプレミアム リバイバルドラマ『Wの悲劇』(11月23日放送)に出演する吉田栄作
  • BSプレミアム リバイバルドラマ『Wの悲劇』(11月23日放送)に出演する夏木マリ

オリコントピックス