• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 宮川大輔『イッテQ』祭りに言及「行く準備できています」 BPO意見書受けて思い語る

宮川大輔『イッテQ』祭りに言及「行く準備できています」 BPO意見書受けて思い語る

 お笑いタレントの宮川大輔が8日、都内で行われた映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会に登場。レギュラー出演中の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、自身が出演していたコーナー「タイ・カリフラワー祭り」(2017年2月12日放送)と「ラオス・橋祭り」(18年5月20日放送)での“やらせ疑惑”について、放送倫理・番組向上機構(BPO)が5日に「程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があった」とする意見書を発表したが、報道陣からの声かけに「僕はいつでも行く準備はできています」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 「宮川さん『イッテQ』のBPOについて一言」と聞かれると「本当にお騒がせして…決まりましたので、僕はいつでも行く準備はできていますので、あとは向こうの判断に任せたいと思います。頑張ります。ありがとうございます。大丈夫です」とコメント。「みなさんの士気はどうですか?」の質問には「また新たに決まったら、一丸となって頑張ろうと思っています。ありがとうございます」と、やや目を潤ませながら立ち去った。

 昨年11月に『週刊文春』でやらせ疑惑が報じられて以降初の公の場となった際には。「お騒がせして申し訳ありません」と謝罪し「スタッフと一丸となって、またみんなに笑ってもらえる番組を作りたい。反省するところは反省して頑張る」。こみ上げる思いを抑えながら“涙目”になった宮川は「僕は信じています」と番組愛をにじませ、最後に「降板はある?」と声をかけられると「頑張ります」と返して、会場を後にしていた。

 今月5日には、BPOが「(1)『祭り』は番組のために用意されたものであったが、制作スタッフはその過程を把握していなかった。(2)視聴者の『了解』の範囲を見誤り、地元に根差した『祭り』への体当たり挑戦だとナレーションで思わせた。(3)挑戦の舞台である『祭り』そのものへの関心が希薄化したため安易なナレーションを生んだ」と分析。

 制作過程の重要な部分を制作者側が把握していなかった点で「その過程が適正に保たれておらず、現地にもともとある祭りに出演者が参加しているように視聴者を誘導した点で、多くの視聴者が番組に求める約束に反したものだったと言われても仕方がない」として、「程度は重いとは言えないものの放送倫理違反があったと言わざるを得ない」と判断。日本テレビは意見を受け同日、「本日のBPOの意見を真摯に受け止め、今後の番組制作にいかしてまいります」とのコメントを発表していた。

 全世界累計興収5000億円を突破した『ワイルド・スピード』シリーズの最新作にあたる今作。ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る“追跡のプロ”元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、クールなスタイルで最高級なクルマを駆ける“規格外の男”デッカード・ショウの2人を主役に迎えて、新たな戦いが幕を開ける。

 イベントにはそのほか、尼神インターも登場。同作は、8月2日より公開される。

関連写真

  • 『イッテQ』祭りに言及をした宮川大輔 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会に登場した(左から)誠子、宮川大輔、渚 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会に登場した尼神インター・誠子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会に登場した尼神インター・渚 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会に登場した宮川大輔 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会に登場した宮川大輔
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会に登場した(左から)宮川大輔、誠子、渚
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会の様子
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会に登場した(左から)誠子、宮川大輔、渚
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会に登場した(左から)誠子、宮川大輔、渚
  • 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』“ワイスピ会”結成報告会の様子

オリコントピックス