ドラマ&映画 カテゴリ

山崎賢人×新田真剣佑×永野芽郁が動画で解説 『二ノ国』メインキャラ紹介映像が公開

 俳優・山崎賢人が声優に初挑戦し、新田真剣佑永野芽郁が共演するアニメーション映画『二ノ国』(8月23日公開)で、幼なじみ3人の三角関係がわかるキャラクター紹介映像が19日、解禁になった。

 同作は、製作総指揮・原案・脚本を担っている日野晃博氏が2010年に総監督を務めたコンピュータRPGシリーズが原作。日野氏は『レイトン教授』シリーズのプロデュースや、テレビアニメ『妖怪ウォッチ』の脚本など人気作品を手がけている。メガホンを取るのは『もののけ姫』(1997年)、『千と千尋の神隠し』(01年)、『ゲド戦記』(06年)など多くのジブリ作品の原画を務めた百瀬義行監督。さらに、音楽は久石譲氏が担当し、日本を代表するトップクリエイターが集結。声優陣は、ムロツヨシ伊武雅刀山寺宏一宮野真守梶裕貴津田健次郎と豪華キャストが集まった。

 山崎演じる主人公・ユウは、冷静沈着で学校一の秀才、かつ心優しい青年だが、車いすで生活する。動画では「親友のハルと付き合っているコトナに片思いしているけど、言い出せないでいます。そして二ノ国で出会ったアーシャ姫に次第に惹かれていくのですが、ハルとの友情、コトナとアーシャの間で揺れるユウの気持ち」と山崎自らの言葉で紹介している。

 新田が演じるハルは、バスケ部のエースで人気者。コトナとは恋愛関係で、順風満帆な学校生活を送っている。しかし、二ノ国に迷い込んだことから、少しずつ彼の人生が狂い始め「俺はあいつを救うためなら何だってする!」とユウに向かって涙ながらに訴えかける。永野が演じるコトナは天真爛漫で明るい女の子。二ノ国のアーシャ姫は「私が、あなた方のお知り合いに似ているのですね?」と語るように、彼女がコトナとつながっていることがわかる。

 物語は、主人公・ユウたちが暮らす現実世界“一ノ国”、そして隣りあわせにある魔法世界“二ノ国”の2つの世界が舞台。二ノ国に突然迷い込んでしまったユウと親友のハルは、2人の幼なじみのコトナを巡る事件をきっかけに2つの世界を行き来することになる。命がつながったもうひとりの自分がいる世界で、ユウは次第にアーシャ姫に惹かれていく。しかし、「コトナの命を救うためにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった。コトナを救いたいハル、アーシャを守りたいユウ。“大切な人の命”をかけて、2人に究極の選択が迫られる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索