• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • NEWS増田貴久、刑事役に初挑戦 黒髪短髪でイメチェン「強く、優しい刑事を演じていきたい」

NEWS増田貴久、刑事役に初挑戦 黒髪短髪でイメチェン「強く、優しい刑事を演じていきたい」

 人気グループ・NEWS増田貴久が7月13日放送の日本テレビ系連続ドラマ『ボイス 110緊急指令室』(毎週土曜 後10:00)に出演することがわかった。同局連ドラ初出演となる増田は黒髪短髪にイメージチェンジして刑事役に初挑戦。唐沢寿明演じる主人公を「兄貴」と慕う後輩の捜査員・石川透(いしかわ とおる)を演じる。増田は「やはり刑事には“カッコいい存在”という印象があります。頼り甲斐があって、強く、優しい刑事を演じていきたいです」と意気込みを語っている。

 同ドラマは妻を殺された敏腕刑事・樋口彰吾(唐沢)、そして父を殺された声紋分析官・橘ひかり(真木よう子)ら大切な人を亡くし癒えない過去を持つ者たちが、通報からの10分間が生死を分けるなか、110番・緊急指令室を舞台に、生きたいと願う『声』を手掛かりに事件を解決していくタイムリミットサスペンス。
 
 港東署ECU緊急出動班・捜査員の石川は、もともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口のことを今でも「兄貴」と呼び、大変慕っているというキャラクター。樋口が交番勤務となり、荒々しい捜査で問題をおこすたび、いつも石川が庇(かば)ってきた。今回、樋口のECU(Emergency Call Unit)配属とともに、自らも配属に。主に現場で樋口とともに捜査活動にあたり、樋口としても心を許せる存在。ひょうひょうとしていて現場のムードメーカーだが、腕っぷしは強いという一面も持つ。

 すでに現場入りもしており「撮影初日は、いつも緊張して現場に入るのですが、一足先にクランクインしていた唐沢さんやスタッフの方々に優しく迎えて頂き、いい緊張感のままリラックスして撮影に臨むことができました」と和やかな雰囲気を報告。“兄貴”唐沢とは初共演となるが「大好きな俳優さんなので、一緒の空間で時を刻めることがとてもうれしいです」と胸を躍らせている。

増田貴久(NEWS)
「『ボイス』の出演が決まったときは、とてもうれしかったです。日本テレビの連続ドラマにレギュラーキャストとして出演するのも初めてなので、それもまた嬉しかったですね。
刑事役は今回が初めてなのですが、やはり刑事には“カッコいい存在”という印象があります。頼り甲斐があって、強く、優しい刑事を演じていきたいです。
撮影初日は、いつも緊張して現場に入るのですが、一足先にクランクインしていた唐沢さんやスタッフの方々に優しく迎えて頂き、いい緊張感のままリラックスして撮影に臨むことができました。唐沢さんと共演するのは今回が初めてですが、大好きな俳優さんなので、一緒の空間で時を刻めることがとてもうれしいです。
あと、セットがすごいです! あるお店を再現したセットなのですが、最初は本当のお店をお借りしているんだと思っていました。ホコリをかぶった小物が置いてあるなど、一から作ったとは思えないセットに感動しています!美術さんの細部への想いなどを聞くためにお友達になりたいです。
『ボイス』は、ハラハラドキドキする展開で、一度観たら抜け出せなくなること間違いなしです!ぜひご覧ください!


尾上貴洋プロデューサー
「増田さんは、個人的に『笑顔が温かく、前向きで、周囲を元気にする』方というイメージを勝手に持っていました。
今回のドラマ『ボイス』は、全編通じて切迫感・緊張感溢れるシーンが続きます。そんな中で石川役は作品全体を明るく照らす“陽”な人をお迎えしたいと思っていたので、増田さんはまさにイメージ通りで、大変うれしく思っています。
また、カラフルでおしゃれな印象の方でもあるので、『黒髪・短髪』という今回の刑事役は、これまでのイメージに加えて新たに洗練されたカッコよさを表現していただいていると思います。
劇中では唐沢さん演じる樋口と共に、次々とひどい目に遭っていただきますが…。
ぜひ、暑い夏を乗り切っていただきたいと思っています!
ご期待ください。」」

オリコントピックス