アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ジャニーズWEST重岡、新『ストロベリーナイト』出演 初共演・亀梨とは「心の距離を縮めて…」

ジャニーズWEST重岡、新『ストロベリーナイト』出演 初共演・亀梨とは「心の距離を縮めて…」

 人気グループ・ジャニーズWESTの重岡大毅が、4月11日スタートのフジテレビ系連続ドラマ・木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』(毎週木曜 後10:00)に出演することがわかった。女優の二階堂ふみと俳優の亀梨和也KAT-TUN)がW主演する同作は刑事・姫川玲子(二階堂)が、姫川の部下である巡査部長・菊田和男(亀梨)ら姫川班メンバーとともに数々の難事件に立ち向かっていく本格派警察ドラマ。その姫川班メンバーとして重岡のほか宍戸開中林大樹ら3人が出演することが決定し、集合カットが解禁された。

 重岡が演じるのは姫川班の中で最も若手の巡査・大塚真二(おおつか・しんじ)。大塚は誰よりもシャカリキに走り回る体育会系の後輩でノンキャリアでありながら若くして警部補に昇任した姫川のことを心底尊敬しており、何があっても姫川に付いて行く覚悟をもつ。そのまっすぐな姿勢と人懐っこい性格から、姫川には“一番弟子”としてかわいがられている。泥臭い地道な捜査の末、“ストロベリーナイト”という謎の言葉を探し当てたことが死体遺棄事件解明への糸口となっていく。

 現場の雰囲気については「姫川班のメンバーといると楽しいですね。皆さんが気さくに話しかけてくださってクランクインの日から近い距離感になりました。亀梨くんとはガッツリご一緒するのは今回が初めてだったのですが、インの日から一気に話が弾んで。うれしかったのが、亀梨くんが『(初共演なのに)三回目の現場みたいだな!』って言ってくれて。それくらい心の距離を縮めて可愛がってくれますし、監督からも『半年くらいは一緒に行動している班だ』とオーダーがあったのですが、皆さんのおかげでスッと現場に入ることができましたね」と満喫しているよう。

 自身の役どころについては「大塚は一番若手なので、姫川班の中では誰よりもシャカリキに行動している、体育会系の後輩って感じですね。僕の中では頑張り屋さんのイメージです。姫川主任の“一番弟子”として一目置いてもらっている役どころなので、体育会系の部分を大事に、あいさつなど、礼儀はピシッとするように意識しています」と演じる上でのこだわりを明かした。

 「とってもエッジの効いた作品。人間の闇に切り込んでいきますし、怖い表現も出てきますけど、引き込まれて見ちゃうと思うんですよね。そういった緊張感を出すために、僕も姫川班の刑事として全力で捜査に取り組んでいます。刑事の生き様、それぞれの葛藤、人間ドラマ、ミステリー要素など見所がたくさん詰まった作品ですので、ぜひ楽しんでみていただきたいです」と呼びかけている。

 また、宍戸演じる石倉保(いしくら・たもつ)巡査部長はノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任し、男社会である警視庁捜査一課において唯一の女性班長である姫川が厚い信頼を寄せる姫川班の“縁の下の力持ち”。“たもっつぁん”の愛称で後輩刑事たちから慕われる石倉は典型的なたたき上げタイプで、地道に築いてきた人間関係と情報網を武器に姫川班の捜査を支える貴重な人材だ。

 先月、女優・竹内結子と結婚したばかりの中林が演じるのは湯田康平(ゆだ・こうへい)巡査。駆け出しの頃に石倉から刑事のイロハを学び、地道な捜査に労を惜しまない実直で誠実なタイプで姫川より年上でありながら、その明るい性格と素直さから「コウヘイ」と呼ばれるムードメーカー的な存在となる。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019