ドラマ&映画 カテゴリ

神奈月、ものまね縁で日曜劇場“法廷シーン”に登場「ネタをやるより緊張」

 ものまねタレントの神奈月が、24日放送のTBS系日曜劇場『グッドワイフ』(毎週日曜 後9:00)第7話に出演することがわかった。同ドラマのキャストである吉田鋼太郎ものまねでおなじみの神奈月だが、今年1月放送のバラエティー『ぴったんこカン・カン』ではロケ中に吉田と神奈月が入れ替わったことに主演の常盤貴子が気づかなかったという一幕によって、そのクオリティーの高さがネット上で話題に。これが縁となり、ドラマプロデューサーから神奈月へゲスト出演のオファーが実現した。

 ものまねへの反響について神奈月は「現場でお会いする多くの人に『ぴったんこ、面白かったですね』と言われました。あと、ネットニュースになっていましたし、『こんなにクオリティーが高いのがあったんだ』って(笑)。『ぴったんこ』で僕の鋼太郎さんのものまねを初めて見た人も多かったみたいで、そういう感想が多くありました」と本人も手応え。

 これを機にドラマ出演に至ったが「『マジか』と思いました。ドラマに出たことはあるのですが、『これは鋼太郎さん本人と共演するのか?』『もしかしたら、ニセ鋼太郎さんをやるんじゃないか』とかいろいろ考えちゃって(笑)。台本を読んだらちゃんとした役だったので、さらにビビっちゃいました」と驚きつつ役柄を全う。「今回は座って喋るシーンだったので、セリフ回しにプレッシャーがありました。ネタをやるときは、動きながらリズムで喋っていくタイプなので、じっとしたまま流暢にセリフを喋るのは難しかったです」と苦労も明かした。

 劇中では法廷で一人朗々としゃべるシーンのため、セリフを何度も練習しリハーサル前からカチカチの神奈月。「めっちゃくちゃ緊張しました。ネタをやるより緊張しましたよ。『本番!』って言われた瞬間に真っ白になりましたね。すごいな役者さんは、って思いました。あんな長セリフは普通、僕にはないので(笑)」と慣れないドラマ撮影現場にすっかり恐縮した様子。

 常盤、小泉孝太郎ら共演者も法廷シーンの緊張感は身に沁みているため、温かく見守り、本番終了後には神奈月を囲んで写真撮影。2人とは「この間の『ぴったんこ・カンカン』でご一緒させてもらっていたので、良かったです。もし共演していなかったら、もっとプレッシャーがかかっていたと思います。みなさん優しくて助かりました」と安堵していた。

 今回は、杏子(常盤)が壮一郎(唐沢寿明)の事件の全容を知ることになる一方で、多田(小泉)の杏子への告白を壮一郎が聞いてしまい、三人の関係が動き出す。また、神山多田法律事務所にはカリスマIT社長・剣持(浜野謙太)から、映画会社を名誉毀損で訴えるという大きな案件が持ち込まれる。神奈月を含め、浜野、田中要次らゲストも数多く登場する。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索