ドラマ&映画 カテゴリ

杉咲花&橋本環奈の緊迫した演技バトル 『十二人の死にたい子どもたち』本編映像公開

 『天地明察』や『マルドゥック・スクランブル』などのベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)原作で、1月25日に公開された映画『十二人の死にたい子どもたち』に出演する女優・杉咲花橋本環奈の演技バトルが収められた本編映像が5日、解禁になった。

 物語の主人公は、集団安楽死をするために集結した12人の未成年。しかし集まった廃病院で、十三人目の生あたたかい死体に遭遇。彼らしか知らないはずの計画だったが、十三人目の存在で安楽死は阻止される。むき出しになる12人の死にたい理由と、同時進行する犯人捜しへの追及。『この中に殺人鬼が?』、死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中、嘘とだましあいが交錯していく。

 昨年9月の映画化公表で、キャスト陣は“今いちばん旬な若手スターたちが集結していると”しか明かされなかったが、11月に杉咲花、新田真剣佑北村匠海高杉真宙黒島結菜の“若手オールスター”5人と、オーディションで選ばれた吉川愛萩原利久渕野右登坂東龍汰古川琴音竹内愛紗の6人のあわせて11人を発表。12人目は、橋本環奈であることが最後に公表され、SNSなどで反響を呼んだ。

 解禁された映像は、アンリ(杉咲)とリョウコ(橋本)の“死にたい”女同士がやりとりをする緊迫シーン。「私はずっと、私を利用しようとする大人たちに囲まれて生きてきたんです。死ぬときまで誰かに利用されたくはありません」と主張するリョウコ。「あたながいくらそう訴えたって、結果的にそうなるのよ」と暗い口調で突き放すアンリ。廃病院の一室で、2人の若手女優による息の詰まりそうな口論が映し出されている。

 また、興行収入では2、3日の2日間で1.85億円を達成し、中高生から20代カップルなど若年層を中心に記録を伸ばしている。公開から3日までに61万3829人を動員し、興行収入は7億7597万9100円となっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索