アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 社会
  • 海賊版リーチサイト主犯格3人に実刑判決 講談社が声明を発表

海賊版リーチサイト主犯格3人に実刑判決 講談社が声明を発表

 大阪地方裁判所は1月17日、漫画家など権利者に無許諾で作品を公開するいわゆる海賊版リーチサイト「はるか夢の址」における出版物の無許諾アップロード事件について判決を下した。同裁判では、当該サイトを運営していた主犯格の男性3名に対し、それぞれ懲役3年6月、懲役3年、懲役2年4月の有罪判決を下した。また、これについて講談社ではさっそく「元大学院生をはじめ、主犯格の3名すべてに執行猶予のつかない実刑判決が下されたことは重大な意義があると考えます」と声明を発表した。

 同判決は、当該3名が共謀し、「はるか夢の址」において講談社の漫画作品等のコンテンツを、漫画家ら権利者に無許諾で公開した著作権法違反の罪に問われたもの。なお、これまでも当該3名のほか、複数のアップロード行為者も懲役刑の有罪判決を受けており、なかには主婦等も含まれており、安易な目的で著作権侵害行為に手を染めていた結果、重大な責任を生じることも明らかになっている。

 また、講談社は声明のなかで、「当該サイトは“リーチサイト”と呼ばれる形式のサイトですが、アップロード自体にかかわらないことで法の網をくぐる「リンクを貼る」行為に対しても、現在、違法化を進める法改正が審議されているところであり、弊社としてはその議論の行方を注視しております」ともコメント。併せて、悪質な著作権侵害行為で漫画家や作家の創作努力を踏みにじる海賊版サイトに対しては、「今後も刑事告訴・民事提訴等の断固たる姿勢で臨む」と厳しく臨んでいく姿勢を示した。



提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年3月18日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年3月18日号

<COVER STORY>
パク・ジニョン氏(JYPエンターテインメントCOO)
オーディションの選考基準は「才能より心」
芸能活動のための品格教育は重要

<SPECIAL ISSUE 1>
ライブ産業の未来を共有した3日間
「第6回ライブ・エンターテイメントEXPO」

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート 2月度

お問い合わせ

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019