アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【いだてん】生田斗真、三島弥彦は「自分にピッタリ!」 ゆかりある鹿児島で成人式にサプライズ出席も

【いだてん】生田斗真、三島弥彦は「自分にピッタリ!」 ゆかりある鹿児島で成人式にサプライズ出席も

 NHKで放送中の大河ドラマ『いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に、主人公・金栗四三の盟友、三島弥彦役で出演している生田斗真が13日、鹿児島・霧島市民会館で開催された『トークリレーin鹿児島県霧島市』に出席。生田と番組の制作担当者が、撮影現場の裏話やドラマの見どころなどを話した。

 『いだてん』で描かれる日本のスポーツ黎明期に、東京帝国大学の学生でありながら、日本人として初めてオリンピック(1912年ストックホルム大会)に参加したのが、生田演じる三島と、中村勘九郎演じる主人公の金栗。

 弥彦の父が元薩摩藩士で明治政府の高官として活躍した三島通庸で、弥彦自身も薩摩隼人として育てられた歴史的な繋がりから、生田はトークショーの前に、鹿児島市民文化ホールで開催されていた平成31年新成人のつどい(成人式)にも飛び入りで参加。あまりのサプライズに、会場は騒然。生田は新成人に向けて夢を持つことの大切さを語り、惜しまれながら会場を後にした。

 その後、満員御礼の1000人の観客が待つ霧島市民会館に移動。トークショーで、いきなり鹿児島市の成人式にサプライズ訪問した事実を生田自身が明かすと、会場からは、驚きとうらましさがない交ぜになった声が漏れた。

 実際に海外ロケをしたストックホルムでの話は、1912年の大会会場となったスタジアムで撮影をした時の思い出を語った。ストックホルムでは、中村と食事を一緒にし、仲良く過ごせたそう。そのせいで、ストックホルム海外ロケ以降に、それ以前の時系列のシーンを撮影したら、イチャイチャし過ぎてカットされてしまった裏話も。

 6日の初回放送後に評判になった天狗倶楽部が、歴史的に実在の集団だったことを「今で云うパリピみたいな存在」と説明。天狗倶楽部の動きを皆でパフォーマンスした際には、満島天狗(満島真之介)がリーダーとして、メンバーの指揮を取ってくれたという。

 生田自身と当時のアイドル的な存在だった弥彦、キャスティングされてどう感じたか?の質問には、「まさに自分にピッタリの役!」と答えて、会場の空気をしっかりつかみ、巧みなトークさばきに観客も釘付けに。

 また「4年に1回のオリンピックを目指してではなく、4年に10秒のために僕らはトレーニングしている」と、教えてくれた短距離走指導の先生の話や、身体のガッシリした実在の弥彦さんに近づくため、身体作りから役作りを始めたエピソードも。そのおかげで、「今は体感的に走りがかなり速くなった感じがしてならない」と、打ち明けていた。

 脚本を手がける宮藤官九郎とのエピソードでは、「今までたくさん宮藤作品に出演していますが、なぜか必ず脱がされるんですよ〜」と。宮藤へのリクエストとして「とにかく服を着させて欲しい!」と語って、爆笑を誘っていた。

 最後に、「鹿児島の皆さんには、先輩に日本人初のオリンピアンがいたことをプライドにして、ぜひ覚えていてほしい」と語り、トークショーを駆け抜けた。

 イベント終了後、生田は「鹿児島の皆さんのパワーをいただいて、『いだてん』の撮影を乗り切る力と勇気をもらいました。(鹿児島に)来られて良かったです。僕が演じる三島弥彦の父、三島通庸さんが鹿児島にゆかりのある方で、日本のスターが、鹿児島の地から生まれたというのは誇りに思っていただきたいですし、鹿児島の皆さんとお会いして、三島弥彦をきちんと務めていかなければ行かないと思いました」と感想を話した。

 弥彦については、「1912年ストックホルム五輪に初めて出場した日本人の一人でもありますし、世界にとっては小さな一歩かもしれませんが、日本人にとって、日本のスポーツ界にとっては大きな一歩だったんだなと噛み締めながら演じさせていただいてます」と、非常に演じがいを感じている様子。「とにかく痛快なドラマだと思いますので、毎週日曜日が来るのを楽しみにしてもらえるようなドラマになればいいなと思います。ドラマを見ていると勇気と元気が湧いてくると思いますので、日々を生きる糧にしてもらえればと思います」と、視聴を呼びかけていた。



オリコントピックス