アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 三遊亭円楽、師匠・圓楽の若き日描いたドラマに「捏造です」谷原章介&塚本高史も苦笑

三遊亭円楽、師匠・圓楽の若き日描いたドラマに「捏造です」谷原章介&塚本高史も苦笑

 俳優の谷原章介塚本高史、落語家の六代目三遊亭円楽が12日にBS日テレで放送される『BS笑点ドラマスペシャル 五代目 三遊亭圓楽』(後7:00)囲み取材に出席した。円楽の師匠であり、日本テレビの人気園芸番組『笑点』の四代目司会者にして、現在のスタイルを作ったと言われる故・五代目三遊亭圓楽さんを演じる谷原、弟子の楽太郎(現・六代目三遊亭円楽)役の塚本を前に完成作の感想を聞かれた円楽は「捏造です」とキッパリ。笑いを誘うと「ドラマはフィクションとノンフィクション。いい塩梅の間をいっている」と感心した。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマでは「笑点」誕生秘話と圓楽の波瀾万丈の人生が楽太郎との師弟愛や笑点メンバーとのエピソードを交えて描かれている。「出てくるエピソードのすべての現場を知っていると言ってもおおげさではない」と胸を張る円楽は、「時系列は違うけど上手く脚本の人が取り入れて上手く“捏造”してくれた」と絶賛。また「まさか自分が登場するとは。塚本さんはいい男で私(の役)を演っていただいて、また私の株が上がったのではないか」としたり顔を浮かべた。

 谷原は「師匠がおっしゃる通り、捏造の部分も多々あるとは思いますが、素材は一緒で調理人が違うのでは」といい、みどころについては圓楽の妻・岡村和子(貫地谷しほり)との馴れ初めエピソードを紹介。谷原から「雨の中濡れてのラブシーンがあるんですけど、それは(実際に)見られてないですもんね?」と確認された円楽は「見てないですけど大笑いしました。ラブシーンが笑えたのは初めて」と毒舌ながら絶賛してみせた。

 実際に落語にも挑戦した谷原は「やっぱり難しい。総合話芸じゃないですか。僕らお芝居ではあくまでせりふが書いてある。キャラクターを演じ分け人を笑わせたり泣かせたり、座布団の上で手ぬぐい扇子一本でやり遂げるなんてすごい」とその難しさを実感。塚本も「まさか自分がやるとは…。最後の方でお客さんの前でやらせてもらったところは気持ち良くなっちゃって。かと言って1本通してやりたいかと言われると難しいものですから。それなりの時間と、人にみせられるものとしてやりたい。まだまだ奥が深い」と唸っていた。

 この日、円楽と2人は初対面。本人を演じた塚本は「そりゃもう緊張します。実在する人を演じたことはあるけどPRの場で本人と一緒に出るのは初めてなのでどう映ってたのか心配でしかない」と不安げに明かすと、円楽は自身を塚本が演じたことを喜びつつ「師匠に小言は言ったことはあるけどあんなにキツくは言ってない。あそこまでグサッとは言ってない」と指摘する場面も。塚本が「捏造だったんですね」と応じると円楽は「でも見ていると俺なら言いそうだなって」とそのリアリティーにお墨付きを与えていた。



関連写真

  • BS日テレ『BS笑点ドラマスペシャル 五代目 三遊亭圓楽』試写会後完成囲み取材に出席した塚本高史、谷原章介、六代目三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.
  • BS日テレ『BS笑点ドラマスペシャル 五代目 三遊亭圓楽』試写会後完成囲み取材に出席した塚本高史、谷原章介、六代目三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス