アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 桂文枝、カンテレ60周年ドラマ出演 阪神大震災の実話もとに「なりきりやらせていただきました」

桂文枝、カンテレ60周年ドラマ出演 阪神大震災の実話もとに「なりきりやらせていただきました」

 落語家の桂文枝が来年1月15日放送のカンテレ・フジテレビ系『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは19951.17神戸』(後9:00)に出演することがわかった。1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災後の実話を元に描いた同ドラマで、文枝は大震災の19年前にJR六甲道駅を作った江戸川正央(えどがわ・まさなか)を演じる。また、宮城県沖地震で被害を受けた東北新幹線の高架をジャッキアップで修復した実績を持つJR東日本の技術者・玄能美能留(げんのう・みのる)役としてユースケ・サンタマリアの出演も決定した。

【写真】その他の写真を見る


 建設会社、磐巻組(いわまきぐみ)の工事所長・高倉昭(井浦新)を主人公に6000人を超える犠牲者を出した阪神・淡路大震災に襲われた関西。なかでも線路ごと崩壊するなど被害の大きかったJR六甲道駅を過酷な状況下で、たった74日間で復旧させた人々の感動のヒューマンドラマを描く。

 江戸川は現役時代、後輩の高倉を殴りつけることもあった厳しい男だったが、その仕事は丁寧かつ確実で、六甲道駅高架橋も頑強に作られていた。しかし震災によって、その六甲道駅は無惨な姿に。変わり果てた駅を前に、現役の高倉から復旧工事について相談された江戸川はただ一言「年寄りが口を出すのは無作法や」と、背を向けて去ってしまうが、偉大なOBの背中を見て高倉はある決意をする…。

 文枝は「私は芸人しか経験がなく、建設現場の状況は想像つきませんが、自分の創った落語が人の手に渡り、演じられる時の複雑な気持ちと通じるところがあり、また、同じ年の役を演じるというところで、あまり気負うことのないよう、肩に力が入らないように、役になりきりやらせていただきました」と役柄に共感する部分もあったよう。
 
 一方、玄能は鉄道工事技術界の最高峰に位置する人物でありながらも、物静かな中に技術者としての信念とプライドがあり、その点で高倉と通じ合うものがあるという役どころ。

 ユースケは「今までも世界で、今年も日本で、大変な災害が起こってきたでしょ? でも、その裏では、ものすごい数の人が、大変な作業をして道や建物を直している。ただの補強ではなくて“今度そんなことがあっても絶対崩れないように”と思いながらも、急いでやんなきゃいけない。改めてそういうことをしている人たちが、災害が起こる度にいるんだなと思いましたね」としみじみ。

 井浦との共演については「男らしく、また、繊細で、いかにも工事現場の所長という風情を出されていて『さすが、役者さんは違うなぁ』と感心いたしておりました。大河ドラマの時からファンでしたので、ご一緒出来てとてもうれしかったです」と文枝。ユースケは「彼は若松孝二監督の現場とか、いろんなすごい現場も経験しているでしょ。そういう修羅場をくぐっている人って雰囲気が違うんですよ。俳優だけじゃなくて、モデル・ファッション・美術とかいろいろなものに精通しているのに、役者としても一級品という、だから彼のやっていることが好きなんだよね」とリスペクトしていた。



関連写真

  • カンテレ開局60周年特別ドラマ『BRIDGE はじまりは1995.1.15.』に出演する桂文枝 (C)カンテレ
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ『BRIDGE はじまりは1995.1.15.』に出演する(左から)井浦新、桂文枝 (C)カンテレ
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ『BRIDGE はじまりは1995.1.15.』に出演する(左から)ユースケ・サンタマリア、井浦新(C)カンテレ
  • カンテレ開局60周年特別ドラマ『BRIDGE はじまりは1995.1.15.』に出演するユースケ・サンタマリア(C)カンテレ

オリコントピックス