アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 常連渋滞? 『M-1』決勝の顔ぶれ “安定感”は吉と出るか、凶と出るか…

常連渋滞? 『M-1』決勝の顔ぶれ “安定感”は吉と出るか、凶と出るか…

 “平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』決勝進出コンビ・和牛霜降り明星ゆにばーす見取り図かまいたちスーパーマラドーナジャルジャルトム・ブラウンギャロップの9組が出揃った。15日夜、都内で行われた発表会見では、各コンビが悲願達成へ熱く意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 一昨年、昨年と惜しくも準優勝で苦杯をなめた和牛。今大会で4度目となる決勝進出に水田信二は「今年を含めて、あと4回出れる。4連覇したい」「見せたいネタがいっぱいある。優勝してウイニング漫才を3本目にやりたい」と気合十分。相方・川西賢志郎から「1回でも優勝してから言うセリフやで」とたしなめらていた。

 『キングオブコント2017』10代目王者・かまいたちは、昨年に引き続き“二冠”を狙う。「優勝以外狙ってない。優勝しないと意味がないくらい売れちゃってるんで」と“天狗発言”で総ツッコミを受けた山内健司は「漫才とコントで頂点を獲って、ネタの神になります」と力強く宣言した。

 出場資格は、結成15年以内のコンビに与えられる。今年が“ラストイヤー”のスーパーマラドーナ・武智は「俺が一番、『M-1』のこと考えてんねん! 優勝するためにずっとネタを考えてる」とあふれる思いを止められない。「『M-1』は仕事の一つです」と、マイペースぶりを崩さない相方・田中一彦との“温度差”も、もはや決勝会見ではおなじみだ。

 そのほか、ラストイヤーのジャルジャル、2年連続出場のゆにばーすら決勝経験コンビから、霜降り明星、見取り図、ギャロップら実力派の初出場組、“吉本の牙城”を崩したケイダッシュステージ所属のトム・ブラウンなど、全組が“優勝候補”といえる顔ぶれだ。

 9組中5組が決勝経験ありとあって、会見中でも和牛、かまいたちらが即興漫才のような掛け合いで笑いをさらう。しかし過去の賞レースでは、南海キャンディーズオードリーメイプル超合金ら“無名コンビ”から多くのシンデレラストーリーが誕生してきた。

 例年に比べ新鮮味は薄いが、安定感は抜群だ。一発勝負の本番当日、その安定感が吉と出るか、凶と出るか、新たなドラマに期待したい。

 2015年に5年ぶりに復活した同大会は、プロ・アマ・所属事務所を問わず、2人以上で結成15年以内のコンビ(2003年1月1日以降の結成)が出場可能。決勝は、お笑い芸人の今田耕司と女優の上戸彩が司会を務め、12月2日にABC・テレビ朝日系で生放送(後6:34〜10:00)。



関連写真

  • M-1決勝進出を決めた9組 (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めた和牛 (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めた9組 (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めたかまいたち (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めたギャロップ (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めたジャルジャル (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めたスーパーマラドーナ (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めたトム・ブラウン (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めたゆにばーす (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めた見取り図 (C)ORICON NewS inc.
  • M-1決勝進出を決めた霜降り明星 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス