ドラマ&映画 カテゴリ

寺島進地上波連ドラ初主演『駐在刑事』初回10.1%

 俳優の寺島進が主演するテレビ東京系金曜8時のドラマ『駐在刑事』(毎週金曜 後8:00)の初回2時間スペシャルが19日に放送され、番組平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが、わかった。同局の連続ドラマとしては、快挙ともいえる2ケタ発進となった

 同ドラマは2014年に2時間ドラマ枠「水曜ミステリー9」ではじまり、シリーズとして4本、同枠がなくなった後も17年に1本スペシャルドラマとして放送され好評を得た刑事ドラマを連続ドラマ化。寺島にとっては、地上波連続ドラマ初主演作となる。

 同シリーズとしては、全6回中、14年4月2日に放送された第1作目=10.2%に次ぐ2番目の高視聴率。「金曜8時のドラマ」枠の初回としては、15年10月23日放送の『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』の10.8%以来の2ケタで発進。初回としては全21作品中4番目にランクインした。

 東京都内にありながら、自然豊かな奥多摩が舞台。かつて警視庁捜査一課の敏腕刑事だったが、取り調べ中の女性が服毒自殺し、奥多摩・水根駐在所に左遷されて5年。今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史(寺島)が、地元の人々と交流しながら、さまざまな事件の真相を追って奔走する。

 シリーズを通して登場してきた北村有起哉市毛良枝笛木優子、鈴之助といったキャストに加え、前回のスペシャルドラマで登場した黒木瞳、新たなメンバーとして佐藤寛太伊東四朗らが参加。

 第1話では、水根診療所の医師・松永(松田悟志)から、看護師のゆり子(瀧本美織)が登山中に捻挫したと連絡が入り、翌朝、山岳ガイドの孝夫(鈴之助)と救助に向かった江波は下山途中、土木作業員の中西が胸から血を流して死んでいるのを発見。中西はリニア新幹線の残土処分場を巡り、前日に孝夫と口論になっていた。さらに中西の同僚・氷川も殺害され、診療所から2人を刺した凶器が発見される。だが、松永は犯行を否認する。松永には中西が殺された時間帯、ゆり子と登山中というアリバイがあった。一方、奥多摩署の新署長に、警視庁捜査二課から綾乃(黒木)が着任。綾乃は、江波が取り調べ中に自殺した女性の姉。「あなたを潰すために来た」と江波に宣戦布告する、といったストーリーだった。

 26日放送の第2話はレギュラーの1時間となる。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索