アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【半分、青い。】最終回23.5%で有終の美 全156回の平均21.1%

【半分、青い。】最終回23.5%で有終の美 全156回の平均21.1%

 NHKで4月から放送された連続テレビ小説『半分、青い。』(月〜土 前8:00 総合ほか)が9月29日に全156回の放送を終え、期間平均視聴率は関東で21.1%、関西で19.3%、BSプレミアムで5.8%だったことがわかった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ)。

 4月2日より放送開始され、初回の視聴率は関東で21.8%、関西19.2%、BSプレミアムで5.2%。9月29日の最終回は、関東で23.5%、関西で22.3%、BSプレミアムで6.4%だった。最高視聴率は、関東で24.5%(8月8日)、関西で23.4%(7月6日)。

 本作は、“恋愛の神様”の異名を持ち、数々のヒットドラマの脚本を手掛けてきた脚本家・北川悦吏子氏による完全オリジナル作品。主人公は、1971年7月7日、岐阜県東部の架空の町・東美濃市梟(ふくろう)町の小さな食堂を営む夫婦の長女として生まれた楡野鈴愛(永野芽郁)。同じ日に同じ病院で生まれた、萩尾律(佐藤健)とのおよそ半世紀にわたる物語が描かれた。

 高校卒業後、漫画家を目指して上京した鈴愛は、デビューを果たすも、新作が描けなくなり廃業。律もほかの女性と結婚し、鈴愛は100円ショップで働いていた時に出会った映画監督志望の森山涼次(間宮祥太朗)と結婚。花野(山崎莉里那)を出産するも離婚してしまうが、同じく離婚していた律と再会して、一緒に起業し、そよ風のような扇風機を開発して、発売にこぎつけた。

 最終回では、鈴愛の「リツのそばにいられますように」という願いに、律が「鈴愛を幸せにできますように」と応えて抱き合うハッピーエンド。高校3年生の時に交わした「雨の音がきれいに聴こえる傘」「リツ、作ってよ」というたわいもない会話も回収され、その傘の中に、鈴愛と母・晴(松雪泰子)、娘・花野、楡野家三代の女性たちの物語でもあったことを象徴するシーンも。初回にも降っていた天気雨がエンディングにも降っていた。

■最近の連続テレビ小説(期間平均視聴率)
2017年後期『わろてんか』 関東=20.1% 関西=19.6%
2017年前期『ひよっこ』 関東=20.4% 関西=20.3%
2016年後期『べっぴんさん』 関東=20.3% 関西=20.2%
2016年前期『とと姉ちゃん』 関東=22.8% 関西=20.4%



オリコントピックス