• ホーム
  • 芸能
  • 山口紗弥加、『モンクリ』怪演が運んだ縁 ドラマ初主演に「今?」

山口紗弥加、『モンクリ』怪演が運んだ縁 ドラマ初主演に「今?」

 芸歴はまもなく25年目、38歳にしてついに連続ドラマ初主演という大役を掴んだのは、名バイプレイヤー・山口紗弥加(38)。1クールに複数の役柄を並行して演じることも多かったため、主演する10月4日スタートの読売テレビ・日本テレビ系木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』(後11:59)では「一つの役に集中することは未知の世界。怖いものみたさのようなワクワクがあります」と初挑戦を前に胸を高鳴らせている。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマでは人気女優の座から不倫スキャンダルをでっちあげられ転落した藤崎紗羅が整形した後の姿・矢神亜梨沙を演じる。亜梨沙は所属していた芸能事務所にマネージャーとなって潜入。自らを陥れた人間に復讐しながら芸能界をのし上がっていくダーク・ヒロインだ。

 オファーを受けた率直な心境は「今?」だったという。「いつか主演を演りたい、それは私と同じ仕事をしている人ならきっと等しく持っている、密かな夢だと思います。私も主演を目指してきたところもありました。でも年齢を重ね役の幅が広がったことで主演より、脇役で様々なキャラクターを演じることが面白くなってきたところでもあったので…大丈夫かな?って。性格上、一つの役に没入するだろうことへの不安は多少ありました。主演を諦めたわけではなかったのですが、それよりももっと楽しい場所を見つけたかもしれないという気持ちが強くなっていたから」と戸惑う気持ちも…。「ただ、こんな私にまだ期待してくれる人がいることが本当に嬉しくて、有難くて。誰かに求められるということが、こんなにも日々を輝かせてくれるんだと知りました」。

 「どうせ芸能界の話なら、24年分の私自身をそのまま投影させてみたい」という亜梨沙役。「オンエアされる頃には私も25年目。これまで当事者だったり傍観者だったり、芸能界というものへの取材はもう済ませているので(笑)。修羅場というようなものも見てきましたし、それを作品にそのまま持ち込めばいいかな。脚本自体は、『本当にこんな事あったの?』みたいな都市伝説というか、ある種、ファンタジーの世界。そこにどうリアルをもたせるか。それは役者が肉体で持ち込むしかない。なので私は私のまま、そこに存在しようと思いました。女優人生をかけて挑みます」と茶目っ気たっぷりに微笑みつつも、その言葉からは同ドラマに対する本気度が伺い知れる。

 山口といえば、4月期に放送されたフジテレビ系連ドラ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』の入間瑛理奈役での怪演が話題に。夫の前妻を殺害し、義父の遺産を巡って前妻との娘や義父も手にかけようとする瑛理奈は悪女そのもの。自分の欲望のために突っ走る瑛理奈と、仕事、恋人、家族とすべてを失った憎しみから復讐心に身を焦がす亜梨沙はどこか通じる部分もありそうだ。

 「あんなに反響をいただいたことは初めてでした。私がどんな顔してた、とか、こういう感情だったんでしょとか、こちらがたじろぐ程の勢いで感想を伝えてくれる人たちがあまりに多くて。人の心を動かすのは小手先じゃ無理だと実感しました。ほとんどモニターチェックもせず、感じたことを感じたままに演ってみたらああなっちゃった…という結果だった」と全身全霊で挑んだ瑛理奈役。

 そして「『作り込んだって仕方ない。さらけ出すしかない』って思っていたら、亜梨沙が訪れました。不思議なご縁を感じていて…神様、なんで25年も経った今なの?って思っていたけれど『今だからこそ』なのかもな、と。もしかしかたら『今ならできるかもしれないよ』みたいにこちらの状況を考えてくださって亜梨沙役がやって来たんじゃないか。運命的な役柄だと私は勝手に思っています。色々な意味で、試されている。だからこそ、体当たりで真正面から。逃げずにとことん、ぶつかってやろうという気持ちです」と、亜梨沙と向き合うことを誓った。

 これまでの女優人生で学んだことがある。「私たちは演技することが『嘘をつくこと』だと思われがちな職業ですが、実際は嘘なんてつけない。カメラの前では全部バレます。だから映像に残る姿は全て真実。とても正直に相手役に対峙しています。それは一見滑稽なようにも思えるけど、真冬でも汗をかくほどに時間を忘れて仕事に没頭するスタッフさんや、一つの役に人知れず苦悩する役者たち…格好良すぎて、1カットに込めるその情熱に泣きそうになるんです。自然、このチームの為に頑張ろうって思いますよね」。

 最後に今後、同ドラマが自身の女優人生の“ターニングポイント”になりそうかどうか、聞いてみると「先のことは考えたくないけど、変化がおこりそうな気配は無きにしもあらず…(笑)。その先に新たな仕事が待っているとかではなく、私の中のなにかが動き出しそうです。なにかが生まれそうな予感がします」とチャーミングな微笑みをみせた。もう24年、まだ24年。脇役でも主役でも、きっとこれからも女優としての輝きを放っていくことだろう。



関連写真

  • 木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』に主演する山口紗弥加 (C)ORICON NewS inc.
  • 山口紗弥加主演の木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』場面カット(C)読売テレビ
  • 山口紗弥加主演の木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』場面カット(C)読売テレビ
  • 山口紗弥加主演の木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』場面カット(C)読売テレビ

オリコントピックス