アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 原作・桜沢鈴、ドラマ版『ぎぼむす』を絶賛 綾瀬はるかには「スミマセン! という感じ」

原作・桜沢鈴、ドラマ版『ぎぼむす』を絶賛 綾瀬はるかには「スミマセン! という感じ」

 女優の綾瀬はるかが主演するTBS系連続ドラマ『義母と娘のブルース』(毎週火曜 後10:00)第8話(4日放送)で、劇中のイラストを原作者の桜沢鈴氏が手がけていたことがわかった。受験勉強中のみゆき(上白石萌歌)がノートに落書きしたり、『ベーカリー麦田』をどんなパン屋にしたら良いかを漫画で麦田にプレゼンするシーンのイラストを担当。桜沢氏は改めて最終章を迎える同ドラマについて「自分の作品ではありますが、脚本の森下佳子さんの感情も入ってきていて、私はこのドラマが大好きです。原作ファンの方にも、心をまっさらにして何も考えず、ドラマの物語を信用して見ていただきたいです」と絶賛した。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは綾瀬演じる堅物のキャリアウーマン・亜希子が8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす10年間の日々を描く。いよいよ迎える最終章ではみゆきの大学受験を控えるなか、亜希子は商店街にある寂れたパン屋『ベーカリー麦田』に再就職。麦田(佐藤健)と共にパン職人の基本を学び、持ち前の営業攻撃を繰り広げ、みゆきや大樹(井之脇海)、下山(麻生祐未)、晴美(奥貫薫)らの協力もあってリニューアルした『ベーカリー麦田』は名店『キムタヤ』への第一歩を踏み出す…。

 桜沢氏は「すっかりドラマのファンになっていまして、毎回、何度も見直しています。1度目はいち視聴者として、2度目は作者目線で見ようと思っているのですが、本当になんて緻密な複線の張り方をしているんでしょう! と。すごい! と勉強になることばかりです」とうなる。「原作と違う箇所は所々ありますが、だからといって違和感を抱いたことはないです。こんなに読み込んでいただいて、うまく広げていただいて…。何度も見ているせいか、原作を忘れてしまうくらいで(笑)。ドラマ脳になってしまっています」と原作者ながら劇中の世界に没入していることを明かした。

 “戦国部長”の異名をとる亜希子の強烈なキャラクターもドラマの魅力の一つだが「亜希子をドラマで見ていると、私はなんていうネタを書いてしまったのだろう…スミマセン! という感じです。実写化すると、こんなにおかしなキャラだったのかとしみじみ思いました。腹芸をしたり穴掘り土下座をしたり…」と苦笑まじり。「第2章からのドラマでは、亜希子さんは上手く子育てしたんだなあと感じています。みゆきが大らかに育っていて、亜希子さんに対して気を遣わなくなっていて。2人の息がぴったり合っていて、見ていてうれしくなりました」と2人の成長をよろこんでいた。



関連写真

  • TBS系連続ドラマ『義母と娘のブルース』第8話に原作者の桜沢鈴イラストが登場(C)TBS
  • TBS系連続ドラマ『義母と娘のブルース』原作者の桜沢鈴 (C)TBS

オリコントピックス