• ホーム
  • 映画
  • 映画『ヴェノム』吹替声優に中村獅童・諏訪部順一・中川翔子が決定

映画『ヴェノム』吹替声優に中村獅童・諏訪部順一・中川翔子が決定

 スパイダーマン最大の宿敵であり、悪の魅力あふれるダークヒーローとして新たに誕生するマーベル最新作『ヴェノム』(11月2日公開)の日本語版吹替版キャストが発表された。トム・ハーディ演じる主人公、エディ・ブロックの吹替は、『ユーリ!!! on ICE』のヴィクトル役、『テニスの王子様』の跡部景吾役など、代表作を挙げたらキリがない人気声優の諏訪部順一が担当。エディに「シンビオート」と呼ばれる意思を持った地球外生命体が接触したことで誕生するのが、ヴェノム。最も残虐な悪であるヴェノム(シンビオート)の吹替は、歌舞伎俳優の中村獅童が務める。

 主演のトム・ハーディは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の大ヒットで知られ、『レヴェナント:蘇えりし者』でアカデミー賞助演男優賞に初ノミネートされるなど、作品によって全く別の顔を見せる世界的人気俳優。

 その吹替を担当することになった諏訪部はマーベル作品に“初主演”。「ヴェノムは、マーベルが誇る数々のヴィランの中でも非常に人気の高いキャラクター。その彼の単独主演映画と聞いただけでワクワクものだったのですが、まさか日本語吹替版に関わらせていただけるとは! 動悸がおさまりません。中村獅童さんとのタッグでお届けする最高に魅力的な『俺たち』にご期待下さい」とコメントを寄せた。

 一方、獅童はマーベル作品では『アメイジング・スパイダーマン2』(2014年)でスパイダーマンと対峙するエレクトロを演じて以来2作目となる。スパイダーマンを愛して止まない獅童は「『スパイダーマン』作品に縁深い僕が今度は、スパイダーマンの宿敵を演じる!ということで…また一歩憧れのスパイダーマンに近づけると、とても興奮しています。ヴェノムは正義感あふれる記者エディと、最恐の力“シンビオ―ト”という地球外生命体が一つになった姿なのですが、諏訪部さん演じるエディを僕の最恐の力で悪に染めていきますので、ぜひその“最悪”ぶりに期待してください!」。

 初共演となる諏訪部演じる正義感溢れるエディと、中村演じる最も残虐な悪の存在であるヴェノム(シンビオート)が融合することで、どんな化学変化が生まれるのか。

 さらに、アカデミー賞ノミネート俳優のミシェル・ウィリアムズが演じるエディの彼女、アン・ウェイングの吹替は、中川翔子。今秋開催予定の『東京コミックコンベンション 2018』でアンバサダーに就任するなど、マーベル作品にも造詣が深く、歌手・タレント・声優・女優・イラストレーターなど活躍が目覚ましい彼女の、新しい一面が見られるかもしれない。

 中川が寄せたコメントは「世界中が熱狂してきた最高の歴史があるマーべル作品に参加できるなんて、本当に光栄です! マーベル作品は心の底から血湧き肉躍る面白さが保証されている世界! 今まで感じてきた興奮に恩返しの気持ちで自分の経験値を込めて頑張りたいです。スパイダーマンの宿敵『ヴェノム』は、既に“最悪”と断言してしまう振り切った面白さがあると思います。心にこびりつくような想像の遥か外側な最悪っぷりを見せつけて、暴れてほしいと思っています!そして、“最悪”の彼女はどういう人物なのか、本編を見るのをいちファンとしても楽しみにしています。皆さんが作品に没頭できるように、気合いを入れてアン・ウェイングを演じたいです」。

 11月2日の日本公開に先駆けて、日本人声優キャストらがゲスト登壇予定の『ヴェノム』ジャパンプレミア試写会の開催も決定した。



オリコントピックス