• ホーム
  • 芸能
  • 湊かなえ“イヤミス”短編『ポイズンドーター・ホーリーマザー』がWOWOWで連ドラ化

湊かなえ“イヤミス”短編『ポイズンドーター・ホーリーマザー』がWOWOWで連ドラ化

 デビュー10周年を迎える人気作家・湊かなえによる第155回直木賞候補作にもなった『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(光文社文庫)がWOWOWで実写化されることが、わかった。放送時期は未定。母と娘の関係を軸にしながら人間の情念をえぐり取るように描く“イヤミス”短編集の全6編を連ドラ化する。

 同作であぶり出されるのは、それぞれの場所でそれぞれに生きる女性たちが抱く激しい情念や苦悩、そして冒してしまう過ち。しかし、見る角度が異なれば、それらは成功であり幸福でもある。善意と正しさのかけ違いが眼前の光景を鮮やかに反転させていく。人生も人間もある一面だけで判断してはならない、それがこの作品集の最大のテーマだ。彼女たちが棲むある共通した場所、執念、恐怖、切迫、呆然、驚愕、爽快、感動、さまざまな感情が満ちあふれる“ポイズンワールド”が映像の世界で展開される。

 女優・藤吉弓香は、自分を思うようにコントロールしようとする母親の存在に小さいころから悩まされてきた。母親の佳香は、弓香にとってまさに“毒親”であり、佳香に反発して上京した弓香は、束縛から逃れられていたわけではなかった。佳香が裏で動いたことで男と別れ、大切な仕事を失っていたと知った弓香はトーク番組で佳香を告発、それが大きな反響を呼ぶ。

 一方、佳香を知る周囲の人間たちから見れば佳香は、決して“毒親”などではなく子ども思いの良き母親だった。弓香の発言を聞いた佳香は、自分の人生を振り返ることになり、子離れを決意するが…(「ポイズンドーター」「ホーリーマザー」)。

 ほかに、“優しすぎて”殺人を犯してしまう(「優しい人」)、すべては自分のせいだと信じ続ける(「罪深き女」)、奔放な妹と対照的に40歳近くまで猫だけに心を開いてきた(「マイディアレスト」)、脚本家をめざしライバルの活躍にいらだちを募らせる(「ベストフレンド」)、といったさまざまな女たちの姿が描かれていく。

■吉田康弘監督のコメント

 数々の作品が映像化されてきた湊かなえ先生原作のドラマ化に携わることができ、大変光栄に思っています。本作は、昨今の分かり易い勧善懲悪なドラマとは一線を画す、インテリジェンスを備えた大人向けのドラマになると予感しております。原作にある強い毒気と鋭い社会風刺を存分に活かしながら、人間の多様性や複雑で曖昧な感情を、俳優部の皆さんとセッションしながら紡ぎ出し、血肉の通った骨太なドラマに仕立てたいと思います。ひとたび触れれば絡めとられるような、人間の業を深く抉る快作を目指し、スタッフ一同力を合わせて邁進しますので、どうぞ完成を期待して待っていて下さい。



オリコントピックス