• ホーム
  • 芸能
  • 有吉弘行、10年ぶりの裸仕事で体張る「ダチョウ倶楽部さんをあらためて尊敬…」

有吉弘行、10年ぶりの裸仕事で体張る「ダチョウ倶楽部さんをあらためて尊敬…」

 お笑いタレントの有吉弘行(44)、カンニング竹山(47)、山崎弘也(42)が2日、都内でAmazon Prime Videoの『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』配信記念記者会見に登壇。10年ぶりに裸で体を張る仕事をした有吉は「ダチョウ倶楽部さんをあらためて尊敬した」と振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 テレビ・ラジオのレギュラー番組12本を抱える人気芸人となった有吉にとって初めてのAmazon Prime オリジナル番組。近年では体を張る企画に出演しなくなったが、久しぶりに無謀な挑戦を行う。自身が招集した竹山、山崎、春日俊彰オードリー)、小峠英二バイきんぐ)、鈴木拓ドランクドラゴン)、田中卓志アンガールズ)という6人の芸人たちと滝のようなウォータースライダーを転がり落ち、燃え上がる火の中を駆け抜け、数ある爆破をくぐり抜ける。全てクリアすると有吉には自由に好きなことを番組内で実現する権利が与えられ、クリアに失敗した場合は頭を丸刈りにされるという罰が待っている。

 かつてのテレビ黄金期を彷彿させるような大がかりな仕掛けという触れ込み。規模感について有吉は「映画を撮ってるぐらい。すごいお金のかけ方。これだけのセットを組むなら、少しギャラに回してほしい」と本音をぽろり。山崎は「いろいろすご過ぎちゃって、いまいち記憶にない。爆破でギャラ吹っ飛んでないですよね」と不安になるほどで「普段、ぬるま湯に浸かってないヤツも来ている。ぬるま湯なのは有吉さんだけじゃないのか」と企画内容にも疑問を口にしていた。

 番組内ではパンツすらも脱ぎ体を張っている。有吉が「1日中つらかった。命の危険もあった」と振り返るほど激しい仕事に。「もともとはダチョウ倶楽部の弟子としてやっていたんですが、いつの間にか距離を取るようになってしまった。裸になったり、爆破や落とし穴のハードめな仕事から遠ざかっていた。そういう仕事は10年ぶりぐらいですかねぇ」としみじみ。続けて「ダチョウ倶楽部さんをあらためて尊敬した。大変な仕事だと思いました。なるべく避けていきたいな、とあらためて…」と“師匠”を敬うと、山崎は「育ったらダチョウじゃなくなったんですね」とオチをつけていた。

 有吉は「お金のかけ方に笑いの量がついていっているのか…」と笑いながらも「内容はバカバカしい。ただただ笑える。たまにはバカで下品な番組で夏休みを楽しんでいただけたら」と呼びかけた。山崎は「死を覚悟した顔を見ていただけたら。何度かあるので。泣きながら走っているところはエアロスミスを流してほしい」と話し、竹山も「今回、ザキヤマの異常性が見える。コレ見ると、わかります! テレビじゃ伝わらないので!」と訴えていた。

 『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』はあす3日から配信が始まる。



関連写真

  • 10年ぶりの裸仕事で体を張った有吉弘行 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)山崎弘也、有吉弘行、カンニング竹山 (C)ORICON NewS inc.
  • 山崎弘也 (C)ORICON NewS inc.
  • Amazon Prime Video『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』配信記念記者会見 に出席した(左から)山崎弘也、有吉弘行、カンニング竹山 (C)ORICON NewS inc.
  • Amazon Prime Video『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』配信記念記者会見 に出席したカンニング竹山 (C)ORICON NewS inc.
  • Amazon Prime Video『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』より(C)2018テレバイダー
  • Amazon Prime Video『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』より(C)2018テレバイダー
  • Amazon Prime Video『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』より(C)2018テレバイダー
  • Amazon Prime Video『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』より(C)2018テレバイダー
  • Amazon Prime Video『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』より(C)2018テレバイダー
  • Amazon Prime Video『有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦』キービジュアル(C)2018テレバイダー

オリコントピックス