• ホーム
  • 映画
  • 三浦友和、非常時に感じた“一家団結” 14年ぶり“Mr.インクレディブル”「頑張りました」

三浦友和、非常時に感じた“一家団結” 14年ぶり“Mr.インクレディブル”「頑張りました」

 自身は俳優、妻は元歌手、2人の息子も歌手、俳優として活躍している“芸能家族”の父・三浦友和(66)が5日、都内で開催されたディズニー/ピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』(8月1日公開)日本版完成披露試写会で、家族の“一致団結”エピソードを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同映画は、2004年公開の『Mr.インクレディブル』の続編。驚異のスーパーパワーを持った5人のヒーロー家族が、一致団結して世界の危機に立ち向かう壮大なアドベンチャー。

 “Mr.インクレディブル”だったボブ(父)役の三浦は「今回の作品では、ボブのイクメンな場面がずいぶん描かれています。僕も(育児は)30代で経験していますので、似ているかもしれないですね」と、演じたキャラクターとの共通点を語っていた。その子どもたちもいまや30代の立派な大人。「盆と正月しか帰ってこないんです。自分のことを振り返ってもそんな感じだったよねと思っていたんですが、3・11の時、僕は富山にいたんですが、2人ともすぐに実家に戻っていたと聞いて、それが一家の団結なのかなと思いました」と、話していた。

 舞台あいさつには、“イラスティガール”ことヘレン(母)の吹き替えを担当した黒木瞳(57)、長男ダッシュ役の山崎智史(11)も登壇。

 黒木は「14年ぶりにイラスティガールとしてここに立つことができて、すごくうれしいです。続編の製作が決定した時、またできるんだ、とうれしく思ったことを覚えています」と、ほかの誰かが演じることなど考えられないくらい、思い入れの強さをのぞかせていた。

 今回、新たにキャスティングされた山崎はひときわ大きな声で「世界に僕の声が流れるんだなって思うと緊張します」と語ったところで、三浦から「日本だけだと思うよ」とツッコまれ、会場の笑いを取っていた。

 三浦は「前作から14年経っているんですね。もう無いのかなぁ、と思っていたら(続編が)実現して、声優も変わるのかなぁ、と思っていたらオファーをいただきまして、大変うれしかったです。頑張りました。14年も経てば声もいろいろ変わってきているんじゃないかなぁと思ったんですが…、頑張りました」と、アピール。「すごく簡単に言うと、壮大なホームドラマ。スーパーパワーを持っていることを除けば、どこの家族でも起こりうる日々が描かれている作品ですので、楽しんでください」と呼びかけていた。



関連写真

  • ディズニー/ピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』(8月1日公開)日本版完成披露試写会に登壇した(左から)三浦友和、山崎智史、黒木瞳 (C)ORICON NewS inc.
  • 七夕にちなんで「欲しいスーパーパワー」のお願いごとを発表 (C)ORICON NewS inc.
  • ディズニー/ピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』(8月1日公開)日本版完成披露試写会に登壇した三浦友和 (C)ORICON NewS inc.
  • ディズニー/ピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』(8月1日公開)日本版完成披露試写会に登壇した黒木瞳(C)ORICON NewS inc.
  • ディズニー/ピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』(8月1日公開)日本版完成披露試写会に登壇した山崎智史(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス