• ホーム
  • 芸能
  • 榮倉奈々、産後初の連ドラレギュラー 『この世界の片隅に』で“現代パート”担当

榮倉奈々、産後初の連ドラレギュラー 『この世界の片隅に』で“現代パート”担当

 女優の榮倉奈々が15日スタートのTBS系連続ドラマ『日曜劇場「この世界の片隅に』」(毎週日曜 後9:00※初回25分拡大)で昨年6月の第1子出産後、初となる連ドラレギュラー出演を果たすことがわかった。栄倉の同局レギュラーは『99.9-刑事専門弁護士-SEASON I』以来2年ぶりとなる。ドラマオリジナルで描かれる現代パートに登場する女性・佳代を演じ、また佳代の恋人で彼女とともに呉を訪れる江口浩輔役にはフリーアナウンサー・古舘伊知郎の息子である古舘佑太郎が起用された。

 同ドラマは原作が累計130万部を突破した、こうの史代氏の同名漫画(双葉社)を実写化。太平洋戦争の最中、広島県の江波(えば)から呉(くれ)に嫁いだヒロイン・北條すず(松本穂香)が、 嫁ぎ先の北條家で夫・周作(松坂桃李)らとともに暮らすかけがえのない日常を丹念に描いていく。
 
 戦後70年が過ぎ、現代の日本人にも“遠い昔のこと”になりつつある戦争だが、戦時下にあっても人々の喜びや悲しみ、幸せは今の時代に通じるものがある。このドラマを『時代劇』ではなく『現代劇』にするため、2018年現代に生きる人々の悩みや喜びをオリジナル要素として取り入れる。榮倉が演じる近江佳代は2018年夏に東京から呉市を訪れる。ある理由からここにやってきた佳代は、「北條」と札のある古民家へ入って行く。

 すでに呉市での撮影をスタートさせた栄倉は「呉がとても魅力的で、(撮影で)来れてよかったなと感じました。この環境がとてもしっくりきました」と満喫。「私が演じさせていただいている佳代さんは普遍的な役だと考えています。こういう時代設定のある作品は、遠い昔の話で自分には関係ないような気になってしまうことがあると思います。佳代さんが橋渡しの役割をして現代と“つながっている”ということを視聴者の方と一緒に感じながら作っていけたらいいなと思っています」と意気込む。

 一方で音楽活動の傍らNHK連続テレビ小説『ひよっこ』に出演するなど俳優としても注目を集める古舘。「出演が決まり、呉には個人的に訪れていたのですが、海と山に挟まれているこの街の環境がすごく心地がいいなと思っていました。変わらない部分と変わっていった部分が交差しているこの街の魅力にすでにもう影響を受けていて、撮影の前は緊張していたんですけど、始まった瞬間からリラックスしてやることができました」と感想を語っている。



オリコントピックス