アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 岩田剛典、連ドラ初主演作を撮了で感謝「すごく成長できた」

岩田剛典、連ドラ初主演作を撮了で感謝「すごく成長できた」

 三代目 J Soul Brothers岩田剛典が、17日に最終回を迎える日本テレビ系連続ドラマ『崖っぷちホテル』(毎週日曜 後10:30)をこのほどクランクアップさした。同作で連続ドラマ初主演を務めた岩田は「初めての座長という立場ではありましたけれど、みなさんに支えられて進むことができたなと思っています。このチームでやることができて、本当によかったなと思っています」と達成感に満ちた表情であいさつした。

【写真】その他の写真を見る


 続けて「自分の未熟さも思い知りましたし、現場の難しさというのも肌で感じることができました。個人としても表現者としてもすごく成長できた現場でした。何より現場が明るくて、どんなつらい状況や、厳しいスケジュールの中でも現場に行くのが嫌じゃないです(笑)。みんなの顔をみたら元気になれる。そういう現場でした」と感謝を込めていた。

 ロケ先で最終話のラストシーンを撮影し終えた岩田に、スタッフからはこれまでにないほどのの万雷の拍手が巻き起こった。まさに崖っぷちなホテルを曲者揃いの従業員たちと破天荒な方法で立て直した副支配人・宇海直哉を演じ「最終話のシーンでは宇海直哉の気持ちと岩田剛典の作品に対する想いが合致した瞬間があって、お芝居を忘れて、感情だけで撮影していました。そういう経験をさせていただけたのもみなさんのおかげだなと思っています」と熱演に胸を張った。
 
 共演者の話では「これだけ世代が違うキャストが13人も集まっているのに、みんな本当に仲が良くて。僕が頭の中がいっぱいいっぱいになっていても、声をかけてくれることがうれしくて、『肩の力を抜けよ』って言ってもらっているような気がしていました。みなさんに引っ張ってもらった現場でした」とコメント。なかでも支配人・桜井佐那役の戸田恵梨香には「何度も助けてもらいました。戸田さんが物語の軸としてどっしり構えてくださっていたのは、僕の何よりの支えでした」と想いを口にしていた。

 宇海がこのホテルに来た本当の「理由」とは。そして崖っぷちからグランデ・インヴルサを救った宇海と、『夢の場所』を守り続けるために佐那が下した最後の決断とは。岩田は最終回のみどころについて「一言でいうならば、もう感動の最終話としか言いようがないです。ぜひテレビの前でハンカチを用意して待っていてください」とアピールしている。



関連写真

  • 日本テレビ系連続ドラマ『崖っぷちホテル!』をクランクアップさせた岩田剛典 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『崖っぷちホテル!』をクランクアップさせた岩田剛典 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『崖っぷちホテル!』をクランクアップさせた岩田剛典 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『崖っぷちホテル!』をクランクアップさせた岩田剛典 (C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『崖っぷちホテル!』をクランクアップさせた岩田剛典 (C)日本テレビ

オリコントピックス