• ホーム
  • 芸能
  • 久米宏&小宮悦子、20年ぶりに司会でタッグ「おばけではありません」

久米宏&小宮悦子、20年ぶりに司会でタッグ「おばけではありません」

 かつてテレビ朝日系で放送された報道番組『ニュースステーション』でキャスター&サブキャスターを務めていたフリーアナウンサーの久米宏(73)と小宮悦子(60)が31日、都内で開催された放送批評懇談会『第55回ギャラクシー賞授賞式』の司会進行役として登壇。2人が司会席に並び立つと、会場からは「すご〜い」といった声も漏れ聞こえ、来場者へのサプライズになったようだ。それもそのはず。久米は「2人でこうして司会をするのは20年ぶりです。おばけが出てきたと思わないようにしていただきたい」と自虐的に語って笑いを誘っていた。

 久米は、TBSアナウンサーとして『ザ・ベストテン』『ぴったしカン・カン』などの司会で人気を集め、1979年にフリーに転身。その後は『久米宏のTVスクランブル』(日本テレビ)などの司会を務め、85年10月より『ニュースステーション』のキャスターに就任、2004年3月の番組終了まで18年半にわたって務めた。

 小宮はテレビ朝日のアナウンサーとして『ニュースステーション』で初代サブキャスターを98年3月まで務めた(91年にフリーに転身)。昨年、久米がパーソナリティーを務めるラジオ番組に小宮がゲスト出演したことがあったが、司会業では久米が言うとおり、20年ぶりの2ショットとなった。

 久米のちょっとズケズケ踏み込んでいくしゃべりは健在で、小宮も阿吽(あうん)の呼吸で進行。授賞式を大いに盛り上げた。



関連写真

  • 20年ぶりに司会でタッグを組んだ(左から)小宮悦子、久米宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第55回ギャラクシー賞授賞式』の司会進行を努めた久米宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第55回ギャラクシー賞授賞式』の司会進行を努めた小宮悦子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス