• ホーム
  • 芸能
  • 宮迫博之、ドラマで波瑠と“恋愛”設定「ホンマに大丈夫なんか?」

宮迫博之、ドラマで波瑠と“恋愛”設定「ホンマに大丈夫なんか?」

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之が、テレビ朝日系ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(毎週木曜 後9:00)の第5話(17日放送)にメインゲストとして出演。女優・波瑠が演じる刑事との恋愛フラグ設定に「その設定、ホンマに大丈夫なんか?」と戦々恐々としている。

 同ドラマは、肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚のミステリー。

 宮迫といえば、同局の人気番組『アメトーーク!』のMCとしておなじみだが、ドラマへの出演は、『だめんず・うぉ〜か〜』(2006年)以来、12年ぶりとなる。「バラエティーの収録で毎週来てるテレビ朝日で、ドラマを撮るというのは不思議な感じがしますね」と話す宮迫だったが、オファーを受けた瞬間はある理由から大慌てしたという。

 今回、宮迫が演じるのは、かつて朋の命を救った敏腕医師・松河森次。森次を尊敬する朋には何だか淡い恋心にも似た感情が見え隠れするという設定になっており、「50歳手前のおっさんがそれ、おかしないか?って確認したんですよ! でも、スタッフさんが『大丈夫』とおっしゃってくれましたのでね。後はどうなっても…オンエア後にネットで炎上しようが、僕は知りません(笑)」と宮迫。劇中の2人の関係は燃える恋愛に発展するのか。

 波瑠と宮迫がドラマで共演するのは今回が初めて。先月放送された『日曜もアメトーーク!』(毎週日曜 後6:57〜)でバラエティー共演はすでに果たしている2人だが、宮迫によれば「そのときは隣同士の立ち位置で、ほぼ正面から顔を見ることがなかった」という。しかし、今回は設定が設定だけに「芝居中はまともに目を見るわけですから、受ける印象は全然違いますね。段取りのたびに『かわいいな〜! なんてキレイな顔をしてんのやろ!!』と思いながら見てます」と宮迫。「本番はちゃんと役に入ってるので、そんなことは考えてませんけどね(笑)」と断りつつも、「ただただ、かわいい!」と波瑠の愛らしさにノックアウトされていた。

 第5話には、森次の兄で、医療ミス疑惑が発覚した5年前の手術の執刀医・松河正一役で植草克秀も出演。“少年隊のカッちゃんとの初共演”に、宮迫は大興奮で、「植草さんにお会いした瞬間からずっと、少年隊の『仮面舞踏会』が頭の中で流れてたんですよ。遠くから植草さんを見てるときなんて、ついつい歌ってしまってたので、近くにいるときに歌ってしまったらどうしよう…と。寄れば寄るほど、頭の中で大音量になっていくので、ヤバかったです(笑)」と収録を振り返っていた。

 実は、宮迫の奥さんが植草のファンだそうで、「過去に唯一行ったのが植草さんのソロコンサートと握手会らしいんです。嫁に『今回、兄弟役や』って言うたら、『汚いわ〜、自分だけ!』って、えらい剣幕で言われました(笑)」。視聴者には「僕自身に内在している“ほんの少しの爽やかな部分”を、全面にひねり出しています。そのギャップをぜひご覧ください」とアピールしている。



関連写真

  • テレビ朝日系ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』第5話(5月17日放送)に宮迫博之がメインゲストとして登場(C)テレビ朝日
  • 宮迫は朋(波瑠)の命を救った敏腕医師・松河森次を演じる(C)テレビ朝日
  • 朋が恋心を抱く設定なの?(C)テレビ朝日

オリコントピックス