アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 桜井日奈子&吉沢亮、実写『ママレード・ボーイ』への思い 人気原作への重圧は?

桜井日奈子&吉沢亮、実写『ママレード・ボーイ』への思い 人気原作への重圧は?

 少女漫画雑誌『りぼん』にて1992〜95年に連載され、今も尚愛され続ける吉住渉氏の人気漫画を映画化した『ママレード・ボーイ』(廣木隆一監督 27日公開)。W主演を務める桜井日奈子(21)、吉沢亮(24)に人気作品の実写化に挑んだ思いや、お互いの印象について語ってもらった。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、お互いの両親がパートナーチェンジをし、家族全員が突然ひとつ屋根の下で暮らすことになった同い年の高校生・光希(桜井)と遊(吉沢)が織りなすラブストーリー。原作は、94年〜95年にアニメ化、01年に台湾でのテレビドラマ化を経て、現在も続編の『ママレード・ボーイ little』が『ココハナ』(集英社刊)で連載されており、世代を超えて国内外で愛されてきた。

 映画初主演を務める桜井にプレッシャーがあったか聞くと「私はまだ数えるほどしか作品の経験がなかったので、最初は選んでいただいたことが信じられなかったです」と驚きを口にし、「映画自体まだ2本目だったので、どちらかというとプレッシャーよりもワクワクしている気持ちの方が大きかったのですが、撮影が近づくとドキドキしてきました」と振り返る。

 演じた光希については、「素直で真っ直ぐで何事にも一生懸命で、思ったことを全部隠さず口に出すなという印象がありました」といい、「原作を読んでいた方から『等身大に近い感じだよね』と言っていただいたので、すでに自分の持っている感覚でいってもいいのかなと思いました。両親たちがパートナー交換をして、2つの家族がシェアハウスで一緒に暮らすことになるのですが、それって絶対に異常じゃないですか(笑)。『異常だ』って言っているのが光希だけだったので、確かにそうだなって共感できました」と役柄をつかんでいった。

 吉沢が演じたのは、頭脳明晰・スポーツ万能と“王子様”を絵に描いたような遊。「撮影しているときにプレッシャーはなかったけれど、公開前のいまは感じています。原作ファンの方々に怒られたらどうしようって」と公開直前ならではの心境を告白。人気漫画が原作の映画に出演した経験も多く、今回は「ストーリーの中身は身近な恋愛話なので、原作の雰囲気やキャラクター性を大事にしようと思いつつ、原作のことばかり意識しすぎるとちょっとうそっぽくなりそうだなと感じました。そういうことよりも、現場で生まれたこととか、廣木監督のやろうとしている空気感、台本を読んで自分が思ったことを大事に。もちろん、原作に対するリスペクトは常に持ちつつ、逆にあまり考えないようにしていました」と役作りについて明かした。

 2人は『ラストコップ THE MOVIE』で共演したことがあるものの、がっつり共演するのは今回が初めて。

 桜井は「前回ご一緒したときは、連ドラですでにでき上がっている空気感のなかでも堂々とされていました。これだけお顔が美しいので、黙っているだけでも雰囲気が出るし、あまりしゃべらない方なのかなと思っていたら、この現場では全然そんなことなくて。たくさん話しかけてくださいましたし、私の岡山弁をまねしてくれたりしてすごく和みました」と感謝を込める。

 吉沢は「お芝居への向き合い方がすてきで、相手役をやらせてもらう人間として心強かった」と桜井に役者として信頼を寄せ、「テレビで見ていたときは、かわいらしいものもありつつ、なんかミステリアスだなと思っていたんです。いい意味でつかみ所がない感じだったけれど、実際にご一緒してみるとすごくノリもいいし、よく変顔もする。かわいらしい、人間味あふれる方だなと感じたので、一緒にいて楽しかったですね」と今回初めて知った一面を教えてくれた。

 『ママレード・ボーイ』以外にも、桜井はヒロインを演じる『ういらぶ。』、吉沢は『猫は抱くもの』『BLEACH』『あのコの、トリコ。』など、共に注目作への出演が控えている。さらなる活躍が期待されるなかで、仕事への原動力となっていることを聞くと、桜井は「映画です」と即答し、芝居への思いを語る。

 「お芝居の勉強するためにいろんな映画を見るようにしてきましたが、今はそれが趣味に変わってきて、日常的に見るようになりました。最近見て感動したのは、安藤サクラさん主演の『百円の恋』です。安藤さんが大好きなので、こういう女優さんになりたいって引きつけられるし、『安藤さんが出ているからこの作品を見よう』って私が思ったように、私もそう思われる女優さんになりたいと考えるきっかけにもなった作品です」。

 「単純に芝居をするのが好きなので、よりいい現場でできるよう頑張っています」と答えた吉沢は、「言っていて恥ずかしくなってきました(笑)」と照れ隠しをしながらも、「漫画が好きなので、いろいろ読むなかでこの作品をやってみたいなと思うことも原動力になっていると思います」と話していた。



関連写真

  • 『ママレード・ボーイ』にW主演する桜井日奈子、吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 4月27日公開 (C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
  • 豪華共演者も見どころ(C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
  • 映画『ママレード・ボーイ』は4月27日公開 (C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
  • 映画『ママレード・ボーイ』は4月27日公開 (C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
  • 映画『ママレード・ボーイ』は4月27日公開 (C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
  • 映画『ママレード・ボーイ』は4月27日公開 (C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
  • 映画『ママレード・ボーイ』は4月27日公開 (C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

オリコントピックス