• ホーム
  • 芸能
  • 古川雄輝、舘ひろしの猛烈イジりにタジタジ 初の弁護士役はせりふに四苦八苦

古川雄輝、舘ひろしの猛烈イジりにタジタジ 初の弁護士役はせりふに四苦八苦

 俳優の古川雄輝舘ひろしが23日、都内で5月6日からスタートするWOWOWの連続ドラマ『連続ドラマW 60 誤判対策室』(毎週日曜 後10:00、全5話)の完成披露試写会に参加。古川は舘のイジりに苦笑いを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 警察ミステリー小説「エウレカの確率」 シリーズ(講談社)などで注目を集めた石川智健氏による同名の法廷ミステリーが原作。定年を控えるベテラン刑事・有馬英治(舘)、若手弁護士・世良章一(古川)、女性検察官・春名美鈴(星野真里)の3人が所属する、死刑囚を再調査し、えん罪の可能性を探る組織「誤判対策室」を舞台にする。

 古川は「脚本の1ページ目を開いたときに舘ひろしさんの名前があることに衝撃。『舘ひろしさんと一緒に芝居するんだ』と。(台本を)見ていくと僕が1番、若い。先輩の役者さんばかりの現場で緊張感から入った」と告白。試写会に訪れたファンに向け「僕も1話を見た。本当に面白くて引き込まれる作品。見終わったら間違いなくWOWOWに加入することになる」と笑顔で呼びかけた。

 役柄について「弁護士の役ということで漢字が多い。日常会話に使わないであろう言葉がすごく出てくる。そういった言葉をスラスラ言わないといけないので、せりふと向き合う時間は長かった」と初めての弁護士役で法律用語に悪戦苦闘したことを振り返った。

 役作りについては「パーソナリティの面でいうと世良は生意気なことを言ったりする。なんで、そういうことを言うんだろうっていうところが、なかなかつかめなかった」と、熊切和嘉監督と何度も話し合ったという。すると舘は「お芝居をしていると、なんとなく上から目線を感じる。すごく研究なさったんだろうなと感じました」とにやり。さらに古川を「新しい香りがする新しいタイプの俳優さんのような気がします。透明感のある素晴らしい俳優」と褒めつつ「今回は弁護士。お芝居が上から目線で『そう来るか』みたい感じ。僕には絶対にできないお芝居だと思いました」とイジった。

 古川は「上から目線に関しては役作り。プライベートじゃない。役ですよ!」と必死に抗弁。その後、舘の印象について「かっこいい。怖い人だったら、どうしようとビクビクする自分もいたんですけど、そんなことなかった。気さくに話しかけてくれて…」と語ったが舘は「上から目線でしょ」とちゃちゃ入れ。古川は「話せなくなってきた…」と汗をぬぐった。

 一方、星野は古川について「声がいい。いい声だなと思って見上げると、やたらと高いところに小さい、かっこいい顔がある」とトークすると、舘が「上から目線でしょ」と合いの手。ここはリアルな“上から目線”の話だったが、古川は「舘さん、もうやめてください…」とタジタジだった。

 舞台あいさつには熊切監督も参加した。



関連写真

  • 古川雄輝 (C)ORICON NewS inc.
  • イジられてタジタジになる古川雄輝 (C)ORICON NewS inc.
  • ヨレた老刑事役に挑戦した舘ひろし(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)星野真里、舘ひろし、古川雄輝、熊切和嘉監督 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWの連続ドラマ『連続ドラマW 60 誤判対策室』の完成披露試写会に参加した星野真里 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス