• ホーム
  • 映画
  • 高杉真宙“クズ男”を熱演 松居大悟監督作『君が君で君だ』ヒロインの彼氏役

高杉真宙“クズ男”を熱演 松居大悟監督作『君が君で君だ』ヒロインの彼氏役

 俳優の高杉真宙が、池松壮亮が主演する映画『君が君で君だ』(7月7日公開)に出演していることが2日、明らかになった。キム・コッピ演じるヒロイン・ソンの彼氏役。ソンの献身的な愛情を受けるも、借金を肩代わりさせるなどひどい仕打ちの数々をするという、クズな男を熱演する。

 同作は、恋する女性の“好きな人”に10年間もなりきった男3人の愛の結末を描く。『アズミ・ハルコは行方不明』などの松居大悟監督が長年温め続けてきた完全オリジナルラブストーリーで、池松は尾崎豊満島真之介はブラッド・ピット、大倉孝二が坂本龍馬になりきる。

 ソンの彼氏・宗太役で出演が発表された高杉は、2012年『カルテット!』で映画初主演を務め、今年は、主演作『世界でいちばん長い写真』、『虹色デイズ』、『ギャングース』が控えている。爽やかなイメージが強いが、今回はソンのクズな彼氏を熱演。高杉史上、最悪最低の男に成り下がり、池松、満島、大倉たちとの衝撃のコラボレーションを見せる。



関連写真

  • 映画『君が君で君だ』に出演する高杉真宙
  • 『君が君で君だ』ロゴ

オリコントピックス