• ホーム
  • 映画
  • 中山優馬、まさかのダンス失敗で赤面「本職やのに、どうしよう…」

中山優馬、まさかのダンス失敗で赤面「本職やのに、どうしよう…」

 俳優の中山優馬が21日、都内で行われた映画『曇天に笑う』の初日舞台あいさつに登壇。同作で話題となっている『曇天ダンス』を披露したが、まさかのミスを犯し「本職やのに」と照れる一幕があった。

【写真】その他の写真を見る


 同作ではサカナクションが手がける主題歌「陽炎」に合わせて古川雄輝らが踊るPV『曇天ダンス〜D.D〜』がYoutubeで公開され、話題となっている。MCからダンスの話題を振られると中山は覚えるのに「2〜3秒いるか、いらないかです」と豪語。直後に「うそです。絶対に使わんといてな」と報道陣にお願いして笑わせた。そして踊る流れになり、主演の福士蒼汰が「踊っちゃいますか!」と高らかに宣言した。

 そして、息の合ったダンスを披露、とは行かずに中山が出だしにミス…。福士が「めちゃめちゃ緊張した」と汗をぬぐう一方、中山は「入り口が全然わからなくなって…。本職やのに、どうしよう…」と大照れだった。

 また、チームの仲の良さも見せつけた。もう1度、共演したいメンバーを問われると福士は老け顔の加治将樹をイジりながら「加治監督に撮ってもらいたい」とにやり。加治も「福士蒼汰は、全編、全裸で撮りたい」とイジり返して笑わせた。マジメな顔に戻ると福士が「優馬と、もう1回やりたい。警察とかのバディものを。助け、助けられの関係がいいかな」と話し、会場からは歓声が起きた。

 そんな中山は「今回は福士くんの弟役だった。舞台あいさつになって(中山の弟役だった若山)耀人と身長が同じぐらいになっている。たぶん次に合う時は抜かれている。だから耀人の弟役を狙おうかな」と、おなじみとなった“低身長”ネタで笑わせた。

 成長期の若山耀人は撮影時から身長が「12、13センチ伸びた」そうで、中山が弟役に名乗りを上げたことについては「僕がアニキとなって一発、やりたいですね」としっかり受け止めていた。

 原作は、2011年に連載開始された唐々煙氏の同名漫画。魅力的なキャラクターたちに10代、20代の女子を中心に熱狂的なファンがつき、2014年にテレビアニメ化、2015年からは舞台化されてきた。映画では『踊る大捜査線』シリーズの本広監督がメガホンをとる。

 舞台あいさつには古川雄輝、桐山漣大東駿介小関裕太市川知宏本広克行監督も登壇した。



関連写真

  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつに出席した中山優馬 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつに出席した福士蒼汰 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつ(前列左から)大東駿介、古川雄輝、福士蒼汰、中山優馬、桐山漣、(後列左から)若山耀人、市川知宏、小関裕太、加治将樹、本広克行監督
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつでダンスを披露する中山優馬 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつに出席した大東駿介 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつに出席した小関裕太 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつに出席した若山耀人 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつに出席した市川知宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつに出席した古川雄輝 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつに出席した桐山漣 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『曇天に笑う』上映後初日舞台あいさつに出席した加治将樹 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス