• ホーム
  • 芸能
  • 話題のCM美女・加藤小夏が地上波初出演 『スカッとジャパン』で胸キュン演技披露

話題のCM美女・加藤小夏が地上波初出演 『スカッとジャパン』で胸キュン演技披露

 大手芸能事務所・サンミュージックに所属する女優の加藤小夏(18)が、きょう19日放送のフジテレビ系バラエティー番組『痛快TVスカッとジャパン』(毎週月曜 後7:57)で地上波テレビ初出演を果たす。加藤は番組内のショートドラマ『胸キュンスカッと』で胸キュンな演技を披露する。

 加藤は2015年に出演したNTT西日本のCMや、16年と17年に出演したポカリスエットのCM、2月に公開され、すでに100万再生を突破したホットペッパービューティーのウェブCMに出演するなど、CM美女として注目を集めている。この度、地上波テレビに初出演することになった。

 ボロボロになりながらも告白するという役どころで、加藤は「セリフがなく表情で見せるシーンなどは特に悲しい気持ち、つらい気持ちが伝わるよう意識しました」とコメント。また、テーマは“胸キュン”となるが「告白のシーンのドキドキ感は意識しました。感情を前に出しすぎず、見ている人に『頑張れ!』って思ってもらえるような女の子を意識しながら演じました」と振り返った。

 今回が地上波テレビに初出演。「撮影の時はそこについて意識しなかったのですが、放送を告知してからファンの皆さんや友達から『おめでとう』とか『見るね』という言葉をたくさんもらえたので、注目度の高さがやっぱり地上波だなぁ、と思いました(笑)」と話し、「もっともっと頑張って、みなさんに見てもらいたいなとも思いました」と感慨深げだった。

 加藤は宣材写真を見た番組プロデューサーらが「会いたい」とオファーをかける“仕事が舞い込む”宣材美女として話題に。2月にORICON NEWSが行ったインタビューでは憧れの女優に綾瀬はるかを挙げ「恥ずかしくない演技をしていきたい」と今後の飛躍を誓っていた。



オリコントピックス