• ホーム
  • 映画
  • ジャンポケ斉藤、結婚後初の公の場でのろけ連発 女性問題は解決済みを強調

ジャンポケ斉藤、結婚後初の公の場でのろけ連発 女性問題は解決済みを強調

 お笑いトリオ・ジャングルポケット斉藤慎二(35)が10日、都内で映画『ジョン・ウィック:チャプター2』の4K UTD・ブルーレイ・DVDリリースイベントに参加。昨年12月にタレントの瀬戸サオリ(30)と結婚後、初の公の場でのろけを連発した。

【写真】その他の写真を見る


 報道陣から祝福されると斉藤は「ありがとうございます」と笑顔。「彼女が30歳になる前に結婚を。イチ、ニ、イチ、ニと夫婦二人三脚という意味で12月12日に」と結婚記念日を選んだ理由を明かした。同せいして2年以上になるといい、生活に大きな変化はないというが「いろんな先輩から『おめでとう』と言われる機会はなかった。ありがたいと感じてます」とのろけていた。

 テレビ番組で女性関係に問題があったこともあるが「昔、番組で浮気がバレた。いろいろ怒られたりはしたけど、今はしっかり彼女一本で頑張ってます」と強調。子どもの予定については2人欲しいといい「結婚式とか全て終わってからゆっくり考えたい。子どもはもともと大好き。奥さんも保育士の免許を持っていて、好きなのでほしいなと思う」と明かした。子どもの将来については「なんでもやらせたい。これをやれというのもない。自由に」と笑顔で語り「お笑い芸人になりたいって言っても全然いい。『父親みたいになるなよ』みたいな」と幸せムード全開だった。

 イベントには相方の太田博久と妻でモデルの近藤千尋も参加。おしどり夫婦として知られる近藤は映画にかけ「死んでもひー坊くん(太田)に愛されたい」とにっこり。斉藤は「ここはバカ夫婦なので手本にはしたくない」とアドバイスは求めていないという。夫婦共演はしたくないと言い切っていた。

 また、ジャンポケの中で唯一の独身となったおたけは、太田夫妻の第1子誕生、斉藤の結婚のような昨年の重大ニュースとして犬を飼い始めたと報告。「初出しでございます」と自慢げだったが太田から「誰も興味ないだろ」と冷たくあしらわれていた。

 同作は2014年に公開され、全世界的なヒットを記録した米俳優のキアヌ・リーブスの主演映画『ジョン・ウィック』の続編。ニューヨークを舞台に、キアヌ演じる元殺し屋・ジョンとロシアン・マフィアとの死闘を描いた前作の5日後から物語がスタートする。



関連写真

  • 昨年12月にタレントの瀬戸サオリと結婚したジャングルポケット・斉藤慎二 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ジョン・ウィック:チャプター2』4K UTD・ブルーレイ・DVDリリースイベントに参加した(左から)おたけ、太田博久、近藤千尋、斉藤慎二 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ジョン・ウィック:チャプター2』4K UTD・ブルーレイ・DVDリリースイベントに参加したジャングルポケット・太田博久 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ジョン・ウィック:チャプター2』4K UTD・ブルーレイ・DVDリリースイベントに参加したジャングルポケット・おたけ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ジョン・ウィック:チャプター2』4K UTD・ブルーレイ・DVDリリースイベントに参加した近藤千尋 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ジョン・ウィック:チャプター2』4K UTD・ブルーレイ・DVDリリースイベントに参加した(左から)ジャングルポケット・太田博久、近藤千尋 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス